CINEMAとMOVIE?

英語&米語

映画大好き、ごきげんな毎日・・・そして、やってきた猫の話

「ロード・オブ・ウォー」

2017-04-06 11:42:47 | 映画・洋画
LORD OF WAR  2005年  CS



≪ストーリー≫
ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は親が細々とやってるレストランで、弟ヴィタリー(ジャレッド・レト)と一緒に手伝いをやっているが、
このままここに留まる意識はない、
ある日、町の抗争の巻き込まれ、銃に傾倒していく、
やがて、武器商人としての才覚が発揮されていく・・

・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*

信じられるのはヴィトだけと弟も巻き込んで商売していくんですが、
ある種才能が開花され、ユーリーはどんどん商売が繁盛していくんですね、
弟はヤク中になって、リハビリ治療で出たり入ったり、やがて足を洗う、

しかし、ある国からのオファーでぎりぎりのところに追いやられ、再び弟を巻き込む、
権力争いの中の大義名分は結局は金と権力の亡者どもで、恐怖政治さながらの世界、

人として、どう生きるかのところ弟はまだ心を持っていた、ということですね、

最後、ユーリーの妻が真実を知って、証拠をもって彼を告発する・・

どの時代もいつの世も権力をもって支配しようとするのは世の常
強い国がコントロールしているんですね、
正義って何なんやろ?

結構よかったです


インターポールの正義の刑事役がイーサン・ホークで出演していました、
ダレス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レトはやっぱり良いです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウォーキング・デッド シー... | トップ | 「コレクター」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL