梨(なし)文香(ふみか)、アップルペンのブログ  

思い出すきっかけ、参考にしてください。因果応報をまわしてください。

吉田松陰は、養子に入ってついた吉田の名字を分解してできた二十一回の文字の数(かず)分、突拍子もないことをしてみようと考えた (加筆)

2016年10月19日 | 日記
吉田松陰は、養子に入ってついて吉田の名字を分解してできた二十一回の文字の数(かず)分、突拍子もないことをしてみようと考えたらしい


吉田松陰は、養子に入ってついて吉田の名字を分解してできた二十一回の数(かず)分、突拍子もないことをしてみようと考えたそうです。
それで、二十一回猛士と言って、密航を企(くわだ)て、投獄されたりしたそうです。

松の字に、吉田の名を、乗せるのは、無理があるのではないでしょうか。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天照らすとは、あまねく闇に... | トップ | 神や人で、戦後、隠れキリシ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む