梨(なし)文香(ふみか)、アップルペンのブログ  

思い出すきっかけ、参考にしてください。因果応報をまわしてください。

裏が動く声と、動かない声とあり、隠れキリシタンの田辺は通らないほうです。

2017年08月13日 | 日記
 裏が動く声と、動かない声とあり、隠れキリシタンの田辺は通らないほうです。
 わたくしは、裏の高さと、裏で通る声がねらわれたらしく、わたくしの頭は、隠れキリシタンの田辺に、姿もなく、取り憑(つ)かれています。わたくしの高さを利用したり、眠っている間に喉(のど)が使われているらしく、わたくしのふりをして、悪どいことや、いやらしい誘(さそ)うようなことを言い、わたくしに、不当に、裏の攻撃が来るようになっているらしいです。
 なぜ、そのように取り憑(つ)けるかと言うと、わたくしにえたの血が入っているという田辺のうそにだまされた、神社が、わたくしを抑(おさ)えつけることに同意し、わたくしから、隠れキリシタンの田辺などが、離れないように、縛(しば)りをかけている、というような話しが聞こえました。
 うち南家の高い評判を、うそで、田辺は、田辺がやったことにし、評判を奪い、隠れキリシタンの田辺がやった、悪どいこと(闇をだまして、殺しをさせてきたことなど)や、隠れキリシタンの田辺の底辺の境遇などを、南家がやった、南家がそうだと、うそのうわさを流させている、というような話です。プロのうわさ屋もだまされていた、と言っている、というような話が聞こえました。殺し屋も、だまされていた、と言っている、というような話も、聞こえました。

(平成29年8月13日執筆)
ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏が動く声と、動かない声と... | トップ | サワというのは、いい評判を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む