梨(なし)文香(ふみか)、アップルペンのブログ  

思い出すきっかけ、参考にしてください。因果応報をまわしてください。

裏の右手使いである右と、汚い左出しが、だまして無理矢理結婚しても、憲法の結婚による同格ということは言えない

2017年07月17日 | 日記
裏の右手使いである右と、汚い左出しが、だまして無理矢理結婚し、憲法の結婚による同格という条項を盾に、同じ高さになるまで、財産をよこせ、と言って、むさぼる者があるようです。この場合は、だましで結婚したからと言って、同格とは言えないと、皆言っているようです。だましで、無理矢理結婚したからと言って、相手の名字の格になったとは、言えません。


私の母の姉は、隠れキリシタンの田辺につかまり、裏がそのようになり、直接の親戚ではない、うちまで、むさぼられているようです。堂々とむさぼるのに、えたの血が入っているというような、うその悪いうわさが流されているようです。
(平成29年7月5日執筆)
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文明衝突の問題の解決方法に... | トップ | 2010年夏に送付の葉書(国を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む