ノグチサトキ

  京都のアマチュア・ロック・ミュージシャン 愛機は、昭和四十一年式ストラトキャスター

Fulltone OCD Ver.7

2017-07-28 | ギター・エフェクターほか

これぞ、探し求めていた究極のオーバー・ドライブ、

になるかと思いきや・・・。

 

今回、一身上の都合もあり、手離したんだけれど、

購入当初は、確かに気に入ってのが、

使う程に、何か違うなと感じておりました。

 

今風というのでしょうか?

ある意味、良すぎるというのでしょうか?

面白みがないというのか?

情緒に欠けるのか?

 

昔から頭の中にあるロック・ギターの音、

或いは、オーバー・ドライブの音とは、

やっぱり違う。

 

昭和の人間には、古い機材の方が合ってんのかな、

とも思う今日この頃です。

つづく

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後日談 | トップ | 『メアリと魔女の花』 »
最近の画像もっと見る

ギター・エフェクターほか」カテゴリの最新記事