さとちゃんのダイアリー

~さとちゃんの何でもかんでも帳です~

当ブログを騙った画像や当ブログのIDを用いた「ツイッター」にご注意ください!

小田和正コンサート 「君住む街へ」 2016.9.17 in 広島グリーンアリーナ

2016-09-19 17:23:00 | 音楽
2016年9月17日、広島グリーンアリーナにて、「明治安田生命Presents Kazumasa Oda Tour 2016 君住む街へ」が開催されました。新幹線に乗って、参加してきましたよー! 生まれて初めての広島でございます。原爆ドームを見て、会場入りしました。今回はアリーナ席で、声援を送ることになりました。
「広島では、どんなライブが待ち受けているんだろう?」と思いながら、いよいよコンサートの始まりです。
例によって、大スクリーンにコンサートの始まりを告げる映像が流されました。小田さんのデビュー当時の写真から、現在に至るまでの写真が映し出されました。会場は一斉にスタンディングし、大きな手拍子を打ち、小田さんが登場してくださるのを待ちます。
キタ――(゚∀゚)――!! 小田さん登場!

1曲目『wonderful life』 おお、しょっぱなから大合唱です。
2曲目『こころ』 皆さん、ノリノリです。

最初のMCです。「このツアーが始まって、テアトロンで半分が過ぎたと言ったんですけど、今日を含めて、残り10本となりました。今日は、丁寧に心を込めて、楽しく最後までやっていこうと思います。それでは、バンドのメンバーを紹介したいと思います」。金原さんから順にメンバーを紹介される小田さん。小田さんが最後の一人、ギターの稲葉さんを紹介されると、稲葉さんが、突然、着ているYシャツをガバッと広げられました。観客が目にしたのは、何と広島カープのユニフォームでした。皆さん、大喜びです。「さすが広島やねえ」と思いました。そして、「ここからはオフコースの曲をズラッとやりたいと思います」と小田さん。

3曲目『眠れぬ夜』

2回目のMCです。「楽屋で足の小指をしこたまぶつけて痛いです」。「あっ、座ったほうがいいですね」と小田さん。

4曲目『秋の気配』
5曲目『さよなら』

3回目のMCです。「『さよなら』はキーが高いんですけど、いつまで、その声が出るかどうか・・・、あ、今日も出た出たという感じです」と小田さん。そして、アメリカのオバマ大統領が広島に来たことに感動した、と話されました。「それでは、『僕の贈りもの』を一緒に歌いましょう」。

6曲目『僕の贈りもの』 皆さん、大合唱です。
7曲目『愛を止めないで』 皆さん、次々とスタンディングし、手拍子と大合唱です。今回も小田さんと稲葉さんのツインギターが観られました。
8曲目『時に愛は』
9曲目『心はなれて』 1982年6月30日のオフコースの伝説の武道館コンサートの映像が流されました。
10曲目『言葉にできない』
11曲目『I LOVE YOU』
12曲目『Yes-No』 皆さん、スタンディングし、手拍子と大合唱です。小田さん、一瞬だけ花道を下りて客席に入られていました。ここで、前半戦終了。

ご当地紀行のコーナーです。
小田さんは、まず、マツダスタジアムを訪れられました。「カープファンの皆さん、先週の土曜日、優勝おめでとうございます!」 すると、広島カープの緒方監督が現れました。「応援してます」と話される小田さん。
続いて、小田さんは、えびす通りにあるモンブランという喫茶店を訪れられました。「何か、みそ汁みたいのが付いてます」。一口飲まれると、「みそ汁です。皆さん、トーストとみそ汁のセット、いかがですか?」と語られました。そして、500円分のサービス券を手に入れられました。
次は、船に乗り、宮島へ向かわれました。その途中、「マリーナホップの観覧車が見えます。何度あれに乗ったことか・・・。今日は大望があるので、厳島神社はパスさせていただきます。」と語られる小田さん。宮島到着後、小田さんは、ある店先に入っている鹿と戯れていらっしゃいました。
その後、ロープウェイに乗り、獅子岩駅に。ロープウェイから見える瀬戸内海に感動しておられました。駅に到着すると、小田さんは、弥山山頂を目指されました。途中、「出雲(公演)、行きました」という何人かの人たちに、出会われました。そして、家族写真を撮ってあげられる小田さん。「1、2、3」の「3」でシャッターを切りたい小田さんですが、「1」パシャ、「1、2」パシャパシャ(連写)と全然タイミングが合っていませんでした。場内、大爆笑です。「えっ、今の小田和正さん?」とお母さん。気が付くのが少し遅かったですねえ。小田さんは、もう、その場を離れられていました。これにも大爆笑。小田さんは、山頂到着後、神社で「初日、2日目のコンサートがうまくいきますように」と祈願されていらっしゃいました。
「充実したご当地紀行となりました。充実とは疲れたということです」と小田さん。
「再び広島市内です。(自転車をこぎながら移動されていました。)最後はやっぱり本川河畔です。さあ、コンサートもいよいよ後半戦です。ますます盛り上がっていきたいと思います」。皆さん、スタンディングし、一緒に歌う準備OKです。

13曲目『the flag』
14曲目『伝えたいことがあるんだ』
15曲目『恋は大騒ぎ』 いつものように、巨大バルーンが飛んできました。あたし、やっとバルーンにタッチできました。嬉しい!
16曲目『キラキラ』 小田さんは花道を下りて、客席を回られていらっしゃいました。最後はオンステージ中央奥で歌われました。
17曲目『ラブ・ストーリーは突然に』 ミラーボールがぐるんぐるんと回っています。会場はキラキラです。
18曲目『風と君を待つだけ』 ここまで、大合唱の嵐です。
19曲目『たしかなこと』

4回目のMC。「皆さん、ふるさとを大事にしてください」と小田さん。

20曲目『my home town』
21曲目『さよならは 言わない』
22曲目『今日も どこかで』 皆さん、スタンディングし、手拍子と大合唱です。
23曲目『風は止んだ』

5回目のMC。「皆に気に入ってもらえるような曲をできるだけ早く書いて、また、戻って来たいと思います。それでは、このツアーのタイトルになっている『君住む街へ』を歌って終わりです」と小田さん。

24曲目『君住む街へ』

アンコール1回目 (ギターの稲葉さんが広島カープのユニフォームを着て登場。背番号178「い・な・ば」)。

25曲目『愛になる』 皆さん、スタンディングし、手拍子と大合唱です。
26曲目『YES-YES-YES』 (上と同じ)。
27曲目『やさしい夜』 会場ではミラーボールが回っています。優しい光に包まれました。

アンコール2回目

28曲目『ダイジョウブ』 小田さん、花道を下りて客席を回られました。そして、自然と手拍子が沸き起こりました。小田さんが改めてメンバー紹介をされました。
29曲目 未発表曲です。小田さんとバンドメンバーによるアカペラ合唱曲です。

アンコール3回目

30曲目『NEXTのテーマ ー僕等がいたー』 すごい手拍子でした。これにて終了。

最後にコンサートの終わりを告げる映像が流されました。「また会える日まで」とテロップが流されると、場内から大拍手が送られました。

そして、あたしは帰途に就いたのですが、外は大雨。雷さんもゴロゴロ。JR広島駅に着いたら、新幹線が動いていなーい! 運転見合わせ、もう最悪!
JR広島駅で1時間半も足止めを食らいましたわ。帰りの新幹線の目的地に着いても、乗り換えの在来線はすでに終了。バスも無し。あー、タクシーを使う羽目になったわ。無事に家に着いたのはええんやけど、とっても疲れましたわ。そんな2016.9.17でした。
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-09-14の記事の訂正 | トップ | 小田和正コンサート 「君住... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事