satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

正しい年寄りのあり方

2017年01月30日 | Weblog
先日の中途半端な”若者評”なんだけど、ああいう風に書いても別に批判しているわけでもない。
そういう若者たちと仲良くしてもらって働かせてもらっている。
ただそういう風に感じられるというメモ書きだ。
そういうメモ書きが時間が過ぎることによって何かの(それこそ)メモとして生かされることもあると思うのだ。
メモとはそういうものだから。

メモの内容のように感じられる若者たちに対して、どう感じるかというと何も感じないし、何もしない。
実際にはすでに”主導権”は若者の手に渡っているのだし、年寄りがどうこう言うべきものでもない。
しかしながら、世間では簡単にそうは言えない状況があり、年寄り対策を、あるいは若者対策をいかにするかを主導権がないはずの年寄り中心に主導権を握って行なっている。
そんなことをするから”シラケ”ちゃうんだよな。
ちなみにシラケ世代とは1950年代から60年代前半生まれとされている。
個人的実感としては50年代生まれと60年前後生まれ、62年以降生まれでは全然思考が異なっていると感じるのだけど。
どちらにしてもすでにみんなオッサンオバハン、ジイさんバアさん世代なわけで、安倍首相にしても現役として活動する時期をすでに過ぎており、”老後”を考えるべき時期に来ている”はず”なのだが、そんな世代が現実には今現在をああだこうだといじっているから先がないのだ。
というより、そういう世代が自らの”老後のために今現在をどうこうしようとしているというべきなのかも。
そういうことは日本だけでもなく、「同盟国」アメリカでも起きているわけで、まあまあ若いオバマからジイさんのトランプになって、そういう世代(70代のジイさんバアさん)が自らの”今後”を考えて動くから自然と「保守的」になり、輝かしい青春時代(年寄りにとっての)を取り戻そうとしている(ようにしか思えない)。
そんなくだらないことをする暇があったら、自分の墓の心配でもしていればいいと思うのだけどね。
だから自分は若者に対して何も思わないし、何もしないようにしている。
好々爺であればいいと思う。
そりゃあたまには若いジョシにちょっかいを出してみたいとも思うし、サタデーナイトにフィーバーしてみたいとも思うが、それがメインの生活など送ろうとは思わない。
それは自分にも過去あった若い時代にするべきことなのだから。
年寄りは年寄りらしく大人しく(時々こっそりとハメを外しても)しているべきなのである。




鎌倉小町通り商店街 4
神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目
撮影 2016年12月29日 木曜日 13時20分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中二病中年病

2017年01月26日 | Weblog
独断と偏見と妬みで感じる接している若者群像。
まあアラサー世代になってもアニメとコミック中心の”趣味”は今に始まった事ではないが、そこに深夜番組のお笑いとスマホでのゲームが加わって、暇な時間はほとんどそれに費やしているようだ。
その他には具体的な”欲望”というのがハッキリしなくて、オヤジのお色気話にも乗ってこない。
その一方で、キャバクラとかお水系での”交際”に関しては寛容で、したがって”女性像”もそれ系なんだけど、なぜかジョシに求めるのは優しさと寛容さとしとやかさ。
簡単に言えば中二のガキがエロ本を見て妄想をたくましくしてアイドルを理想化するような感じ。
それがアラサーになっても続くので、当然価値観も固定化。
その姿は実は中年オヤジの”人生観”と同じ価値観で、子供の時の全能感をそのまま引きずり自己中心的である。
少年からオヤジに移行して、青年期というのがない。
青年期は子供の全能感を経験によって打砕き、我が身のほどほどさ加減を知って、周囲と調和をはかって居場所を探る時期なのだが、それがないものだからいつまでたっても”少年”同士でつるむ。
価値観が合うのは同世代の”少年”だけで、当然ジョシとは同調できない。ましてや他世代とは。
だから20代ぐらいだとジョシからは”幼い”と見られがちである。
その幼さを持ったオヤジが社会の中心になる世の中だから、社会の価値判断も独善的で想像力が欠け、現状=少年期のままであることを望む。
寛容性にかけ、求めるものは大きく、代償は払いたくない。
そんな”保守的”な世の中が現在ではないのかな。

なんて偏見に満ちた若者感なんでしょう(笑)



御成町の街並み
神奈川県鎌倉市御成町
撮影 2016年12月29日 木曜日 12時45分


鎌倉駅 東口
神奈川県鎌倉市小町1丁目
撮影 2016年12月29日 木曜日 13時00分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8連勤1休

2017年01月21日 | Weblog
久しぶりのお休み。
しかし腰痛3日目。orz....
”予定”では今日から動けるはずだったのに未だに痛みは去らず。
歳をとると柔軟性がなくなって治りも悪いのかなぁ。

トランプ大統領就任でどう変わるかと話題はあるが、日本はどうするべきかはない。
ただ様子を見て・・・対応。
いつもそれしかない。
どうしたいはないようで。
この国では、どうしたいと言うこと自体が「身勝手」とされるようだ。
沖縄、福島・・・

お腹にカイロを当てていたら低温やけどで水ぶくれ。
ハクキンカイロは火力が強い。
冬の夜の必需品。
お腹さえ冷えなければ寒くても大丈夫。
そして腰も・・・。

iPodがいよいよ1時間しかバッテリーがもたなくなった。
買い替えるより、同額でアンドロイド携帯を買って、通話はせずに情報端末に使用しようかと。
iPodの音楽も持ち出せるようだし。
ただし地図ソフトだけは新たに買わないとならないようだ。
ただサービスが変わって買い取りがなくなってしまったので考慮中。

そろそろ確定申告の準備をしないと、寸前になって慌てることに。
ま、慌てるんですけどいつも。

早く腰を治して動けるようにしないと時間が足りない。




神楽坂の街並み 12
東京都新宿区神楽坂3,2丁目
撮影 2016年12月21日 水曜日 16時10分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数ヶ月ぶりの連休

2017年01月12日 | Weblog
久しぶりに連休となった。
事前にああしよう、こうしようとプランを練っていたが、実際は撮りためた動画の変換をすることに。
どうも動画の変換が終わらないと次の撮影に進めない。
撮影も大変だけど、変換作業も大変なのだ。
その変換作業も結局10本ほど。
朝から始めたが、途中に洗濯を2回したり、お昼寝したり(汗;)、買い物に出かけたり、夕飯にカレーを作ったりと集中力の欠ける一日。
また編集に時間のかかる理由として、撮影が悪かったりして、どうもなぁと思案にくれる時間が長かったこともある。
海外からのリクエストで、ああしてくれ、こうして欲しいと色々メールが来るが、現状では無理!
少しずつ少しずつ改善していきたいけどねぇ。
機材の方だって、そろそろマックのハードディスクをSSDにも交換したいし、保存用のハードディスクも空きがなくなってくるし、撮影にジンバルも使いたいしと、いつかお金に余裕が出来れば(無理!)したいこともたくさんあるのだけれどね。
明日からまた睡眠不足の日々がしばらく続くので今日は早く寝ることにしよう。
体力温存だけが毎日の使命になっている。
ニャンコのように寝ていたいよ。



神楽坂の街並み 3
東京都新宿区神楽坂3丁目
撮影 2016年12月21日 水曜日 14時50分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口にする(プレイ)

2017年01月11日 | Weblog
正月早々ムスメ達がトラブルを持ち込んできた。
こちらは毎日仕事なので関わりたくないのだけれど、そこはそれカワユいムスメのためにひとはだ脱ぐ。
メソメソ話すムスメに家族は堂々巡りしているので「私は嘘つきです、って言ってみろよ」と発言。
どうも良心の呵責に云々と話がいくのにイラだって、そんな仮面は脱いでしまえという思いで発した発言に、ムスメはハッとしたような顔で「わたしはウソつきで、いい子ちゃんぶっています」。
おいおいいい子ちゃんぶってまでいうかぁと一瞬思ったが、その発言でなにか吹っ切れたようで急にホッとした明るい顔になった。
ずいぶん重い仮面をかぶって頑張ってきたんだなぁと思うと胸がキュンとなったが、そこは嫌なオヤジの仮面をかぶるsatoboとしては甘い顔を見せず、その後も「わたしはウソつきで、いい子ちゃんぶっています」と何度も言わせた。
その度に家族でゲラゲラ笑って、重荷をわけ合い。
自分の抱くセルフイメージと、他人が抱くイメージと、自分がそうありたいと抱くイメージと、他人にそう思われたいと抱くイメージの違いにがんじがらめになって苦しんでいたようで、言葉に出すことで思いがカタチになって自認できて一歩抜け出せたようだ。
こういうプレイを時々するので変態オヤジと言われるのだろうが、オヤジはオヤジなりにムスメのことが心配だし。

今度は下のムスメに「私は寂しがりの甘えん坊です」と言わせてみよう。
きっとまた胸キュンしそうだけど。



神楽坂の街並み 2
東京都新宿区神楽坂2,3丁目
撮影 2016年12月21日 水曜日 14時45分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加