satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

残りわずか

2012年11月30日 | Weblog
リコーのデジカメGX100の画像を取り込んだ。
これが最後になる。
修理に出す事を諦めて、このカメラとおさらばする。
さよならは誰に言う。
さよならは悲しみに。
吉川君!

ブログに使う画像など、どんなカメラで撮っても同じだと思ってやってきた。
1万円のカメラでも100万円のカメラでも、撮る視線が同じならたいして変わらない。
といいつつGX100は良いカメラであった。
焦点距離を刻むステップズームと、真四角写真が撮れるというのが最大の利点だった。
フィルムカメラの単焦点レンズで育ったロートル世代には、ここは何ミリ、あれは何ミリとレンズの焦点距離でものを見るクセがついているので、境目のないズームは使いにくいのだ。
そんな利点の多いカメラであったが、これにてオシマイ。
画像もあと18点で終わり。
次はカシオの200万高画素のEX-S20が引き継ぐ。
たぶんブログ画面で見ても違いはわからないはずだ。
そんなものなのよネット画像なんて。




三重県鳥羽市鳥羽3丁目13から


プレミール通り 塚口商店街 兵庫県尼崎市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィルムを現像に

2012年11月29日 | Weblog
ニャンコが部屋でドリブルをして遊んでいたので、よく見るとフィルムケースをボール代わりにしている。
イイものを見つけたなと感心していると、中身が入っているようだ。
イエローカードを提示してボール、ではなくケースを取り上げると、巻き上げ済みのフィルムパトローネが入っている。
さてさていつのものやらと思ったけれど、ひょっとすると世界が震撼する傑作写真が写っているかもと”霊感”が働き、ちなみに霊の存在は想定しないで生きているが、現像してみようと思った。
大阪・梅田のヨドバシカメラに仕事帰りに立ち寄ったが、フィルム現像窓口がわからない。
探し歩いてフィルム売り場の横で発見。
フィルム売り場も寂れてしまい、種類も少なくなっている。
ASA(死語)100のフィルムは選びようがない状態だ。
でもいつも使っているフィルムはまだあるので安心し、買わずに現像窓口へ。
何を撮影したかわからないので、公序良俗を考えて現像のみにし、長巻きのまま返却してくれるように依頼。

もしこれが写っていたらフィルムカメラに戻る事を決意し、スキャナー売り場も確認。
帰宅後、カメラを確認すると撮影途中のフィルムの入ったカメラを確認(汗;)。
その他にも撮影済みのフィルムが”どこかに”あるはずなので発掘しようと思う。

デジカメを使わないようにすると寂しいのは真四角写真が撮れないこと。
まあロクロクの二眼レフもあるのだけれど、コンデジで簡単に真四角写真が撮れるのは魅力なんだよねぇ。
それも広角から長焦点まで切り替えて撮れるのは、実はすごい事なんだよね。
それをフィルムカメラでやる事を考えると大変なんだから。

まあすべては現像が上がってきてからの話という事で。





三重県鳥羽市鳥羽1丁目1から


京都府京都市伏見区御駕籠町
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行こか戻ろか

2012年11月28日 | Weblog
最近はビデオ動画ばかり撮っているけど、その反動で”スチール”を撮りたくなってきた。
しかし長年使っていたリコーのデジカメGX100が故障してしまい、修理に出すか新たに買い替えるか、フィルムカメラに戻ろうかと思案。
フィルムで撮る場合の問題は、マックのOSが進んでしまいスキャナーが対応しなくなった事で、どうせならブローニーフィルムも撮りためてあるのでスキャナーを買ってスキャンしようかと、しもしないことを想像してみたりするから始末に悪い。
でもデジカメの大きなの(一眼とかね)持っていないからなんとも言えないけれど、フィルムカメラの方が簡単で使いやすい。
それにレンズもいくつか持っているので、それを活用出来るようにしたいと思えば、ライカM9を買うか(笑)今あるベッサRを使うかだから、当然・・・。
というわけで、しばらくフィルムカメラを使ってみようと思うのであった。

しかしヨドバシカメラで最終価格6万円台でGH2が売っていたり、7-14mmを見たりするとそそられてしまうのだ。





大里通り 三重県鳥羽市


一条通中央商店街 大阪市生野区
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風俗とフーゾク

2012年11月27日 | Weblog
通称”部長”が大阪の街を歩いていて妙な光景を目にしたという。
真っ昼間に某所道の角々にジョシが立っていて、しばらくするとオッサンが現われて何かしら会話をしたのち二人歩き出したという。
その先にはホテルがあった。
デリヘルでしょうなぁと知ったかぶりで答えるが、二人の興味は某所道の角を待ち合わせに指定したのはどちらかという事であった。
オトコがそこを指定したのか、店の”システム”がそこを指定場所にしているのか。
するとその話に加わり「それはなぁ」と得意げに”経験”から語る声に、”部長”と二人鼻白んだ。

誤解している人もいるようだが、satoboはエロには興味はない。
エロの周辺の笑い話に興味があるのだ。
しかし”部長”と二人話している事が、エロつまり”ヤル”ことに興味があって話しているのだと勘違いされてしまったので、二人困ってしまったのだ。
エロの周辺とエロの違いというと、例えて風俗とフーゾクの違いといえようか。
”ヤル”事を目的とした性産業への興味と、性風俗を中心とした周辺への興味は方向性が違う。
”部長”もsatoboもフーゾクには全く興味がない(このウソホント)。
たまたま通りかかった大阪中心部の街角で(その場所はsatoboも以前歩いたので、すぐにどこかわかった)そのような行為が”普通”に行なわれている事に興味を抱いたのだ。
そういう行為の”システム”を利用者はどのような経過で知る事が出来るのか、そういう”システム”はどのように作り上げていったのか、そういう”事”に興味があるのだ。
でも、残念ながらそういう興味に対して理解されないようで、”ヤル”人にとっては”ヤル”ことに興味があるのだろうと勘違いしてしまう。
みんな”槍態”(笑)から興味を持つのだと思われてしまう。
こちらから言わせれば、なぜそんなに”槍態”のかわからない。
それもお金を払って・・・(笑)

大阪圏には短時間に単に”ヤル”ことだけを目的にした”ちょんの間”が各地にあるが、こういう目的至上主義の地では風俗環境に興味を持つのは少数派”ヘタレ”なのであろうか。
まあそう言われて区別してもらえるのは結構な事なのだけど。




尾浜商店街 兵庫県尼崎市


本町通り 三重県鳥羽市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢うどんは食べたくないと

2012年11月26日 | Weblog
朝5時起きで伊勢市に着いたのは9時半。
伊勢市駅の次、宇治山田駅で降りた。
宇治山田といえば、宇治山田商業高校の福田郷美である。
陸上競技の日本記録保持者で可愛かった。
もう40年も前の話である(苦笑)。

普通はここで南に向かい伊勢神宮に行くのだけれど、北へ向かったのは旅人の移り気の為ではない。
北へ行ったところに商店街がある”らしい”のだ。
場所もハッキリはわからないが、街を歩くことが目当てなので気にしないで歩き出した。
ブラブラふらふら歩いていると見つけた。
結構こういうのはカンがイイのだ。
なかなか”趣(おもむき)のある”商店街であった。
そして周囲をブラブラしていると、非常に素敵な街並みの道に出た。
ガイドブックには出ているのか、ジョシがチラホラ散策している。
もっと人が来てもイイのにと思うが、なにしろ伊勢と言えば神宮なので、みんなそこへとピンポイントで出かけ、線で散策するという”優雅”な時間を過ごさないのだ。
気がつくとすでに正午前となっていて、慌てて駅に戻ったのは公衆トイレが見当たらず、急を要する用事が出来たためで、こういう場合は優雅とは無縁である。

思ったよりも時間を費やしたので、昼食は後回しにして商店街探しにウロウロするが、他にも”見応えのある”通りがあり、ちっとも進まない。
それでも次々と商店街を探し当て、裏道を歩き、アッという間に日が陰ってきた。
足取りも段々重くなり、おなかはすいてくるし、どこかでなにかを食べたいなと探すのだけど、こういう時にはラーメン屋など見つからない。
うどん屋があって「名物伊勢うどん」とあるが、いわゆる”ぶっかけうどん”で、ぶっかけは食べたくないのでパスして、路地を歩いているのか食べ物屋さんを探して歩いているのかわからない状態で徘徊するが、陽も落ちてしまい、伊勢駅に行けば何かあるかと期待したが、結局見つからず。
つい駅に入ってしまい、電車を待つ間に売店でパンを買ってしまい、ついパクパクして豪華な夕飯となってしまった。

最初から神宮には近寄らないつもりだったが、神宮以外にも伊勢には楽しい場所がたくさんあることがわかり、他の人にも街歩きをお薦めしたい。
少しずつ動画もアップ出来るだろうから楽しんでいるエッセンスを味わってね。

そうそう、口絵は伊勢じゃないから。
大阪のどこか。



鳥羽駅前から岩崎通りへ 三重県鳥羽市


伏見風呂屋町商店街 京都市伏見区



コメント
この記事をはてなブックマークに追加