satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

外見(そとみ)

2016年09月18日 | Weblog
オッサンって自らのことをさておいて、主に異性をいやらしい目でねちっこく見るじゃないですか。
それって頭の中にどんなことを描いているのか。
まるで透視ができるかのように中身を想像するのか。
答えは言いませんよ。
そんなことを言ったら人格通り、あるいは人格を疑われかねないですから(笑)。
ところが最近、そんな自分のいやらしい、ねちっこい視線が(笑)変わってきていることに気がついたんですね。
中身なんかどうでもいい、と。
外側のトータルがどうであるかに興味が移ってるんですね。
まあそれでも、いやらしい、ねちっこい視線には変わりないんでしょうけど。
強いて言えば、ニャンコやワンコを眺めて愛でる感覚というのですか。
ニャンコやワンコを眺めて、毛皮の内側の肉体を想像することってないじゃないですか。
あくまでも毛皮をまとった”肉体”を見て「カワユイ」って思うわけで。
同様に街ゆくジョシ(自分の場合)を外観で判断するわけですよ。
そこには”欲”という感覚はなくて”良く”という気持ちがあるんですね。
またその”良く”も美人であるとかナイスバディであるとかは関係なくて似合っているかが興味の対象になるんですね。
そう言いながらちょっと話は違うけれど、そんな自分の気持ちの変化に気がついたのは、遊中部でオペラのフラッシュモブを見ていた時に、街なかでオペラ歌手のオネイサンがいきなり歌い出すんだけど、その姿が”普段着”なんですよ。
ワンピースやジーンズ姿のオペラオネイサンはバン!バン!バン!ってな肉体をしていて、単純に「おお!スゲえなぁ」って思うんですけど、だからと言っていやらしい目で”中身”を想像したりはしないんですよ。外装をまとった肉体美にスゲえなぁって”感心”するだけなんですね。
もちろん着ている服とのつり合いやセンスなんかも含めてですけど。
そんな変化を個人的には好ましく思っているデスよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ないものを作る | トップ | 月光 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くだらん (かいはら)
2016-09-18 23:00:08
読んでてよくわからない。

それより「人生の3分の2はいやらしいことを 考えてきた」と、みうらじゅんのように言った方が良い。



考えてません!(笑) (satobo)
2016-09-19 09:17:46
最近電車内などで隣に立つジョシを見ると、ジョシって小さいなぁとつくづく思うんですよ。
当然各パーツも小さい。
なのに自分のイメージでは、女体って2mぐらいある感じなんですよ。各パーツが手にあまるほど大きい感じ。
つまり妄想が現実を大きく膨らませているんです。
現実を見ずにイメージだけで見た気になっているんですね。
そんなことを最近気がつきました。
当然いやらしいことも現実を目にしてではなく妄想なんです。
だからこれまで欲情したことは2人しかいません!
二人! (かいはら)
2016-09-19 11:07:28
へぇー、二人とは少なすぎる。
鑑賞対象 (satobo)
2016-09-19 16:54:57
あとはみんな鑑賞の対象でして、それが外見なのか中身なのかの違いだけで・・・
恋愛したからといって欲情はしないのです。
ましてや劣情など
清く正しい男女交際、嗚呼なんて離そう的なんでしょう(笑)。
ちなみに (satobo)
2016-09-19 18:25:13
欲情した御二方とは”いたして”おりません。
・・・ (かいはら)
2016-09-19 22:38:21
ふ〜ん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む