satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

幽霊の不思議

2017年03月20日 | Weblog
世間の幽霊ってどうしてハダカじゃないんだろう。
乏しい知識では、幽霊って肉体からタマシイとかが抜けたものって感じじゃないですか。
まあ、そういうものだとすると、肉体から抜け出るのは肉体の中にあったものなんですから、当然抜け出たものはハダカじゃないとおかしいでしょ。
一部では、死んだ時に肉体からタマシイが抜け出ると、わずかに肉体の重さが減るなんて話もあるけど、じゃあ身につけている衣服とかも軽くなるんでしょうか。
そんな話は聞いたことがない。
そもそも衣服にタマシイがあるのかね。
兵隊の幽霊なんてものが装備品を装着していたりすると、靴とか銃とかからもタマシイが抜け出ているんですかね。
でないとそんな姿の幽霊って”見えない”はずですよね。
ということはモノにもタマシイがあって、なぜかそれを身につけていた人が死ぬと同時にモノも”死んで(?)”一緒に幽霊として”登場”するということになるのですか。
まあ有機物ならそういうことも考えなくもないわけでもないかもしれないと思えなくもないかもしれないけど(笑)、鉄とか指輪とか無機物はどうなのよ。
銃にタマシイが宿っているというんですかね。
ちょっと無理。
ならば当然幽霊は身のまま、つまりハダカであるはずでしょ。
ところが世間ではなぜかみんな身に衣類をつけている。
不思議だよなぁ。




経堂農大通り商店街 1
東京都世田谷区経堂1丁目
撮影 2017年3月1日 水曜日 15時00分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホームでステップ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む