satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

マスク美人

2017年03月06日 | Weblog
インフルエンザの流行と花粉症の影響でマスクをしている人も多い。
そういう自分も冬季は常にマスクをしている。
一番の効果は、寒い時にでも吸う空気が冷たくないので寒さを感じないところだ。

そういうマスクをしている人の中で、特に個人的に目を引くのは”当然”ジョシにで、中には個人的見解でカワイイなぁとか美人だなぁと思う人も少なからずいる。
外観的に見えているのは目元だけなんだけど、その目元が印象としてカワイイ、美人を判断する基準になるわけだ。
自分には想像力がないので、目元だけで顔全体をイメージすることはできないのだけれど、なんとなくそこはかとなく感じるものはある。
ところが、その美人さんがマスクを外すと、アリャリャとなることが多いのだ。
もちろんカワイクナイとか美人でないというわけではないのだが、なんとなくそこはかとなく思い描いていた御尊顔とは違うということはわかる。
どう違うかハッキリしないけれど、なんか違うなぁと思うのだ。
よく考えてみれば、顔の3大パーツ「目、鼻、口」の1/3しか見ていないのだから、印象など描きようがないのだけれど、平安時代の高貴な御方のように目だけを見せて殿方を魅了するたとえもあるように、目はかなり重要なパーツであるのは確かだ。
確かであるが、それだけではやはり1/3の印象でしかないわけで、全体像との違いは逃れられない。
マスクを外した顔がカワイクナイとか美人でないというわけではないので損した気分にはならないのだけれど、やっぱりマスクをした顔の方が好きなのは違いない。
自分のことをさておいてこんなことを言っているが、きっと自分もマスクを外すと、単なるエロオヤジからスゴいエロオヤジへ印象が変わるのだろうな。
心外である!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相席 | トップ | ホームでステップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事