さっと

東北・秋田県南でのくらし

なんだか、きっついよ。

2016-10-18 21:25:28 | 日記
この頃、負の出来事ばっかりつづいているんで、心が重い。

生まれた時から、単純に親の言いつけを守っていたり、一般的な社会ルールを守っていればよい・・という人生だったので、そのつけが今・来て、自分でしっかりと考える・・・ということができないという・・それが原因なのかもしんないけれど・・・もう、選択肢の筋道が見えず、どうにもできない><

此の頃、一段と、ドジッコばっかりで、なにをしても、きっついような気がする。
そりゃそうよね・・・いいことだという感覚=楽しさを感じることは無いんだもの。
皆が「美味しい、美味しい!」と食べているものは、味がしない。
美味しくないモノには、なぜなんだか、しっかりとマイナスの反応はするけれど、味が濃いとか薄いとか、何かの味つけが足りないとか多いとか、まるっきりわからない・・・本当に、餌以下の食事をしている気がする。

美味しくないということはわかるのだから、味覚が壊れているのではないんでしょうけれど。


此の頃、正解がわからない・・・人生には、絶対的な正解が無く、まぁ、真に思ってくれる親たちが、ずいぶん前に居なくなっているんだから、人生の取捨選択は、自分自身が全部しないといけないんだろうけれど、此の頃、とみに、生きているのが辛くなってるという・・・求めた内容に対する答えが、もう、だれからも返ってくる訳はないという年齢になったのだから。

職場でも、だれかさんに「やーらない!」といわれちゃったなら、それに対して「いいきかせる」ということよりも、自分でやっちゃったほうが早いもんだから・・・そうやって、自分で自分の首を絞めているのは分かっているんだけれど、どうにも、うまく人遣いもできないし、本当は、それを消化する力もないくせに

正義の筋道がしっかりしていないから、生きていることが楽しいことは無く、苦しくなるばかり


でも、だいじょうぶ・だよ、自滅はしても、自死はしないから。え・・心配なんかしていないって? は?そりゃ、そうだぁねぇ



テレビで「芸能人 格付けチェック」あり

風呂敷包み・・・一升瓶一本を、きれいに包むのは、始末が汚くなって苦手なんだけれど、長い箱・スイカ・二本のビンは、あまりにも、風呂敷を使う生活をしていた人には「当たり前」の包み方=使い方だからなぁ。


お茶会の作法・・・そっかぁ。
流派にかかわらず、不快に思わせない程度=最低限は知っているのが当たり前ナンだと思ったけれど、そういうわけじゃぁないのんね?
お濃茶、どのくらい飲んだンかなぁ…何回、茶会に行ったのか…流派によって、花弁型に飲むのと、正面をはずして、同じところから飲んで戻して、最後の人がうまく加減して・・・うっそー、座るところさえも、わからんの?
田舎に住んでいると、最低限は、位置的に感覚としてわかるでしょ。
もし、畳一枚だけは、ずれたところに座ったとしても、ここまでひどくはないはずだよ。
流石、まちゃみ・しゃん・・お菓子を食べる姿は、女性らしく、きちんとしている感じ。
まぁねぇ・・・紙小茶巾なんて、ふつうだったら「見たことが無い」のとちゃうかな?

若い人と違って、ベテランは、経験あり・ナシにかかわらず、最低限は躾けられているもんじゃないの?
まあ、まあ・にできている? それだけ・そのレベルだけでも、いいんじゃないんだろうかなぁ。
やったことが無くっても、最低限の事さえ、不愉快にさせない程度にすれば・・・お茶会は、ソレデ、イインダヨ!

うわぁ・・・三組目は、あんまりにも、ひどすぎます。
でも、大寄せの茶会だと、たしかにそういう風に、貴人畳のそのイチに座るんだから・・・そこはゆるく見ても・・うわぁ、これって、けん引力=リーダーとなるべき御正客さんが悪い!!

落語界の人って、こういうノンを一度は、必ず習っておくもんナンだと思っていたけれど、ちゃうの?
御薄の飲み方しか知らない・・・・そういうこと・だけ・・じゃないみたい。
「お末」の梅沢ナンちゃらいう人が、最初・御正客の役だったら、なんとか・・ここまでひどくなかったのかもね。

まつむら、なんちゃらいうひとが、数日間だけ女性芸能人と同居するという番組で、茶道と書道関係の事を言っていて、疎んじられていたけれど、あまりにも、当たり前すぎる内容・・・「は~ぁ?常識でしょ!」って、思ってみていました。

習い事をしたことが無い人って、こういう風に、全然わからないもんなんですかねぇ。
マニアックなレベル以外は、ひと通り、教え込まれているから、忘れているところは除いても、最低限の事は出来るつもり。


英語?
まるっきり語学力は無いから、会話なんて、間違ってもできないけれど、単語を並べるだけでいい・・って、教えられている。
でも、とっさに「ぷりーず、ボイス・トーン・ダウン」位は云うかもしれないけれど「あげいんすと」=イハンなんて言う言葉は、出てこないだろうね。


料理??・・・出来る訳ないジャン・・・出来合いを最終仕上げしか、したことが無いもん


神社の参拝の作法?・・・柄杓は、お茶会でも使うから・・・あれぇ、そうだったん?
神様だから「左手の方が清い」とされているんかぁ・・・それで、左手から浄めるんかぁ
無意識に、単純にながれとして「当たり前」の事なんだ思っていて、そう・やっていた。
一杯の水だけで、全部済ませるのも含めて、あたりまえすぎる。
口を漱いだ左手は、もう一回洗ったっけ?  これは、実際にやってみないとわかんない><
最期に柄杓をすすぐのも、当たり前・・・二礼、二拍手、二拝・・・当たり前
 最後に軽く礼を・・・これって「ゆう」のことナンだよねぇ。
そっかぁ…弓道をやっていたから、少し掌をずらして柏手をうつところまで教えられているから、それは、当たり前すぎる内容ナンだとおもってたんだけれど・・・ただし、女の人は、柏手で、音を慣らさないようにするらしいことを、このごろ知った。

葬式の作法・・・大量な人数でしか、拝みに行った経験ないからなぁ
真ん中は歩かない? てっきり、ご遺族から離れているところを歩くだけ・・そういうことナンだと思っていた。
お焼香は、三本指? 三本目は添えているだけ・・・たぶん、そうやってるんだろうなぁ?
最期・・・「ありがとうございます」じゃあなくって「おそれいります」という言葉遣いだったんだぁ・・・はー
つるたろう・さん・・・ドラマの中でイロイロやっているから、動作が常識的なんだね、きっと。
他の人・・・皆さん、やっぱ、意識しては、動作をしていないから・・出来ないんだろうねぇ。
え?最後に、お疲れ様でした・・・って、そう云っちゃぁ、いけないの?
でも、よく考えてみたら「どうも」と言って、その後の言葉を言わないで済ませていたからなあ


不祥事の記者会見????出来まっせん・・・そういうのんをきちんと出来たら、私、苦労していませんTOT:)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勘違いというのか、なんとい... | トップ | ひっさしぃぶ~りに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。