さっと

東北・秋田県南でのくらし

なんだか・・なぁ

2017-06-30 19:02:19 | 日記
私っていう存在は、人様をイライラさせる名人らしくって、身内の人でも、あきれ返るようなことをしょっちゅうしでかす人でして・・・そういう言い訳をするのが、人生に対する「甘え」なのでしょう。

うちの親たちは、そういう意味では、しつけの麺では厳しいけれど、人の道さえ外れなければ、子どもたちには、とっても、とっても「甘い」人でした。

そういえば、墓に着物は着せられず・・・とかっていう言葉の前に、長く感じる文がありましたヨね。

私の頓珍漢(?)は、私を「苦労知らずで育った」お嬢様風におもわせるぐらいに、ずいぶんと天然・・らしいです。
苦労…本当に「していない」と、お思い・・・あ・・そう思わせるようなボケっぷり・なのでしょうね。
それなりに火の粉をかぶるような悲惨な目にはあってるし、経験しているんですが、よっぽど、そういう風には見えないんでしょうかね。

リアルの私をご存じな方々・・・教えてくださいまし

ほしいものを聞かれました…今、欲しいものは、硯に砥石をかける動作ができる小道具でして、ポチっと、インターネットで注文するための名前も覚えていないのですが、普通の刃物を研ぐための砥石とは、何かが違うような品らしいのです。

こういう感覚が、浮世離れしてて、天然ボケなのかなぁ…感性で生きているくせに、理屈やで、四角四面の完璧症の癖に、大穴の墓穴堀り症でして
石橋をたたいて渡らない妹や、石橋をたたいて壊すところまでしてしまうような妹とは、微妙に違っています。
みんなちがって、・・・sれでいいのだ・・・ふー、疲れた。

この頃、ドンドン体に力がなくなり、強力タイプのゴムサポーターをきつく巻いて、そのままで生活していたら、あせもができ始めたのか…かゆいらしく、無意識の掻いています
…お風呂に入っていない痒さとは異なる痒さです。
皮膚の表面を無意識的にこすって、一皮むけるどころか、まともに傷あとがのこりそうな痛みが走って…たぶん、体中、表皮に被害ができていることでしょう…見えるところだけでも、傷が残らないようにしないといけないね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壊れていく…その2.だって、... | トップ | だめだぁ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。