とうやのひとり言

山形県議会議員 佐藤とうや ブログ

庄内浜の魚の味

2017年05月13日 | 日記

 庄内浜で獲れた魚が、今年初めて山形市公設地方卸売市場でセリにかけられた。県内内陸部へ消費が広がるきっかけにと、関係者の期待は大きい。
 そもそも海岸距離が短い庄内浜は、水揚げされる魚種は多いが漁獲量が少ない宿命を持つ。庄内浜にビッグな水産加工会社が無いのもその背景にある。ただ、日本海を九州から北海道まで日本海を縦断するイカ釣り船団11隻が、酒田港で賑わう出航式は浜の風物詩となっている。庄内浜漁獲高の半分はイカが占める。
 昔、庄内浜の魚を内陸に届けたのは「浜のアバ」と呼ばれた背負いの魚行商人だった。早朝に仕入れた魚を陸羽西線経由で、それぞれの地域の檀家を回って商いをしていた。その人数は一車輛いっぱい程だったと言われている。
 魚は調理が面倒で、骨や内臓の処理も難しく敬遠されがちである。しかし、そこが旨さの秘訣でもある。大きな魚の切り身もいいが、小魚を焼いたり、煮つけたりは庄内浜の味覚である。最近は小魚の干物もブランド化している。これがまた旨い。健康食品である魚料理の普及をねがう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政務活動費の役割 | トップ | 鳥海山の魅力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。