まい友愛写会サークル(写真投稿サイト)

まいまい写真部12月休止の後、全国の写真を愛する有志会員が「まい友愛写会サークル」集まり親睦とコミュを図る事を目的する。

  7月31日(月)  文 月   7月24日(月)~7月30日(日)までの受付

2017-07-31 08:36:36 | 四季の自然風景


題     名  [お牛さんが通る]

投  稿  者  鳴尾浜  さん

コ メ ン ト  天神さんと言えば牛ですねw




題     名  [天神祭]

投  稿  者  鳴尾浜  さん

コ メ ン ト  日本三大祭の一つですw




題     名  [鎌は一丁前]

投  稿  者  ロビン です さん

コ メ ン ト  鎌だけは一丁前のカマキリの幼虫でした。




題     名  [変化朝顔]

投  稿  者  ロビン です さん

コ メ ン ト  相変わらず庭で撮ったものですが、浴衣の模様にしたい変化朝顔です。




題     名  [お疲れ模様]

投  稿  者  ロビン です さん

コ メ ン ト  解かれて我が家にたどり着いたアゲハ




題     名  [宙に浮かぶしずく、、、]

投  稿  者  きぬ太君 さん

コ メ ン ト  久し振りに雨が降りました。




題     名  [蜜甘いよ!]

投  稿  者  きぬ太君 さん

コ メ ン ト  桔梗の花に蜂が吸蜜していました。




題     名  [暑いワン]

投  稿  者  きぬ太君 さん

コ メ ン ト  町内の子供神輿や山車巡幸にワンちゃんも参加しました。




題     名  [数珠持つ手]

投  稿  者  ヒマワリちゃん さん

コ メ ン ト  弘法大師さんと二人三脚、お遍路さんの手にはお数珠が握られてました。




題     名  [射手もと]

投  稿  者  ヒマワリちゃん さん

コ メ ン ト  厄除けの行事、的に厄除けの矢を射る手元に次の矢を準備する。




題     名  [流 れ]

投  稿  者  ヒマワリちゃん さん

コ メ ン ト  早朝の渓谷は凛とした空気が漂い、緑色に苔むした岩々を縫って流れる水に、涼しさ満喫。




題     名  [水吸う蝶々]

投  稿  者  イゴマ  さん

コ メ ン ト  河原で蝶が仲良く水を吸っていました。蜜の方が美味しいのに不思議です。




題     名  [水吸うミツバチ]

投  稿  者  イゴマ  さん

コ メ ン ト  暑い日に睡蓮の葉にミツバチが群がっていました。 巣に水を運んで冷やすのかも知れませんね。




題     名  [水飲むカワラヒワ]

投  稿  者  イゴマ  さん

コ メ ン ト  河原にパット降り立ち水を飲みあっと言う間に飛び去りました。飛び立つところ撮りたかったです。




題     名  [白い蓮]

投  稿  者  あずみん  さん

コ メ ン ト  大町市のスキー場近くの中綱湖畔に白い蓮が咲いていました。花片は大きくひらひらしていました。




題     名  [蒲の穂と民宿]

投  稿  者  あずみん  さん

コ メ ン ト  湿地に蝋燭の形をした蒲の穂が直立して並んでいました。盆花としても飾られます。




題     名  [大きく深呼吸]

投  稿  者  すばるちゃん  さん

コ メ ン ト  目が覚めて大きく手を広げて深呼吸する古代ハスであった。




題     名  [潮を飲みに来るアオバト]

投  稿  者  すばるちゃん  さん

コ メ ン ト  とても人の気配に用心深いアオバトが山向こうから海の潮を飲みに群れとなり飛来する。




題     名  [渓谷の一本橋]

投  稿  者  すばるちゃん  さん

コ メ ン ト  下流の渡り橋は流れていたが上流に架かる一本橋は健在であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   7月24日(月)  文 月 ... | トップ |   8月7日(月)  葉  月 ... »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳴尾浜さんへ  画像がしっかり撮られていますね (すばるちゃん)
2017-07-31 09:16:38
 鳴尾浜さんへ  
 [天神祭]と言われれば全国誰一人として知らないものがいないと言うほど有名な日本の三大祭の一つです。
天神祭の様子・画像がしっかり撮られていますね
ロビン ですさんへ 鎌は一丁前いいですね (すばるちゃん)
2017-07-31 09:23:49
 ロビン ですさんへ 
朝顔を大きく背景に入れて「鎌は一丁前」いいですね。題名がこんなに簡単に物語る付け方をお勉強させて頂きました。
拙宅の庭では永いことカマキリを目にしたことがありません。
[変化朝顔]昔から見ていた日本の朝顔を久し振りに目にいたし心休まります。
 [お疲れ模様]はこの場面の前段があるのですね。クモの糸から命からがら逃げてきた蝶の様子羽根も傷んでおりよく分かります。
きぬ太君さんへ  違った画像3題に感謝 (すばるちゃん)
2017-07-31 09:33:57
 きぬ太君さんへ
今週は違った画像3題に感謝いたします。
[宙に浮かぶしずく、、、]題名は大きくて雨の後の水溜りを撮られたのでしょうか!!
葉の隙間に空が写り込んでるようにも見えますが小生には難しい写し方のように思えます。
 [蜜甘いよ!]桔梗に鉢が蜜を吸いに立ち寄った様子がよく分かります。
贅沢ですが黄色い鉢でしたらインパクト強く感じられたのですが、上手いこと飛んできてくれませんよね。
 [暑いワン]白い犬が可愛いですね。
カメラ目線もバッチリと暑いワンにしてはペロリと舌を巻くとは合わないようです。
今回はカメラ目線で述べさせて頂きましたので失礼しました。
ヒマワリちゃんさんへ 今回は手元画像が2枚 (すばるちゃん)
2017-07-31 09:43:22
ヒマワリちゃんさんへ 
今回は手元画像[数珠持つ手][射手もと]などが2枚つづいたので手元シリーズで3枚目があるのかと一瞬思いこみました。
同行二人縦列で並ぶお遍路さんが良く見かけられます。特に境内では手に授受を持つ様子を大きく切り取って表現アップして撮りたいものです。
 [射手もと]は歴史ある厄除けの神事ごと見ると若くて綺麗な手元に見えますが青年でしょうか!! 逞しく畑仕事で鍛えられた手元も風情がどの様に違うのか見たいものです。
ヒマワリちゃんさんへ 流れの印象書き忘れました (すばるちゃん)
2017-07-31 09:47:33
ヒマワリちゃんさんへ 
流れの印象書き忘れましたので再度ご訪問させて頂きます。
見る観点から一言付け加えさせて頂きますと流れをスローシャツターできめ細かく写せば題名のから優しい「流」になるのではと思います。
多分 色々な撮り方されているのでしょうと思いますが勝手な事書き込み失礼しました。
イゴマさんへ [水吸う蝶々]はフォトコン向けですよ (すばるちゃん)
2017-07-31 09:52:29
 イゴマさんへ
[水吸う蝶々]はフォトコン向けですよ。
蝶が5匹並んで水を吸う 上手く撮られましたですね。着目点が大変良くてこれはフォトコンに投稿すべきですよ。
  [水吸うミツバチ][水飲むカワラヒワ]などは群れになって水を飲みに来る良く見かけますが直ぐに撮ろうとすると逃げて行きます。
今週は良いものを見せて頂きました。
あずみんさんへ 白い蓮珍しい (すばるちゃん)
2017-07-31 09:58:13
 あずみんさんへ 
こんなに沢山の白い蓮の花が咲いている情景は珍しく思います。
大町市のスキー場近くの中綱湖畔では朝早く訪れれば朝霧も発生しているのではないでしょうか。 生け花の主材に使われる蒲の穂ですね。
小生も二級河川に蒲の林があって大きくこげ茶色撮ることもあります。
鳴尾浜 さん (ヒマワリチャン)
2017-07-31 16:42:12
天神祭りは天満橋近くのビル屋上で、ビール片手の高見の見物とシャレこんでました。
この時期は瀬戸内の「凪」で、空気は動かず、日中の猛暑が残り、兎に角蒸し暑く大阪の人々は、この暑さこそが「天神さん」なのです。
今が、夏、真っ盛り・・・暑いですね😊
ロビンです さん (ヒマワリチャン)
2017-07-31 16:54:46
生まれた時の大きさは2~3 mmです。
可愛いですね、イッチョマイに鎌で身構え、お尻をピーンと上げ、体を前後に動かしますヨ。
珍しい花模様ですネ。
浴衣柄にすると涼しげで娘さんにお勧めでしょう?
夏早朝、垣根や生け垣一面に紫色、白色、ピンク色等のアサガオ・・おはよう~。😊
きぬ太君 さん (ヒマワリチャン)
2017-07-31 17:11:38
不思議さを一番に感じましたが・・・。
まるで宇宙から舞い降りた、宝石かと・・?
雨の降る中、ヒョットして、透明な雨傘を翳して表に着いた雨粒を撮ったのかナ・・・と思いましたが・・・?😊
桔梗の花は、一番好きです。
薄紫色の色合いと、正五角の花びらです。
清楚にスーと伸びた茎に、一個の花を付けるから。

コメントを投稿

四季の自然風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。