たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

加古隆

2010-10-31 14:44:16 | 音楽体験
朝テレビ朝日で「加古隆ピアノで描く日本美」を見ました。○黄昏のワルツ○熊野古道○パリは燃えいるか、など。その美しさを堪能しました。実は20年くらい前、池袋のデパートで彼のピアノソロコンサートを聴いています。その時の印象はピアノの上手な人という感じでしたが、その後は作品の美しさにひかれていました。余韻の残る番組でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のめざすもの

2010-10-30 12:02:05 | 日記
先日都心で地下鉄に乗っていた時のこと。私の目の前に座ったご高齢の男性。質感のある皮製のセカンドバッグを持っていました。
良く見ると腕に重たいロレックスの高級腕時計とプラチナのブレスレット、指にはダイヤ、靴はクロコダイルのエナメル、シースルーの靴下、多分ブランドのズボンとジャケット。隣には若くこぎれいな女性。
とてもおしゃれなカップルで、男性は私よりも10歳以上年上とお見かけしましたので、自分の10年後を思い浮かべましたが、私の目指す姿とは真反対の対極のように思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小出郷文化会館

2010-10-29 18:26:29 | 日記
今日は新潟県魚沼市の響きの森公園に来ています。素晴らしい自然に囲まれた公園の中に小出郷文化会館もあります。後日写真も公開します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌に雪

2010-10-28 08:21:43 | 日記
北海道には何度も行ってますが、ほとんどは夏の観光シーズンです。その土地の良さは1年暮らさないと分からないと言われます。次は冬に行ってみたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドレッシング

2010-10-27 16:42:27 | 日記
私は自己流で料理をしています。そして時々はキッチンドリンカーになります。
そんな私はドレッシング嫌いでしたが、ためしにオリーブオイルと粗塩とお酢とレモンとコショウを良く混ぜ合わせたものを生キャベツを付けて食べてみました。するととても美味しではありませんか。うーん!これは使えるな

今日は主婦の皆様から笑われることを覚悟してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢幻の時

2010-10-26 17:03:16 | 音楽体験
仕事や生活に追われ疲れきっている人は、時には休みたい、趣味や遊びに夢中になってみたいと思うことあります。
でも、夢がかなって遊んでみても、それは夢幻(ゆめまぼろし)の世界で、気がつくと浦島太郎の現実が待っています。
本当の充実感を得るためには、どうすれば良いのか、これは大問題です。
日々リラの練習を続ける人は決して浦島太郎にはなりません。
ある日私(リラの練習を続ける人)が奏でるリラを聴いて、明日からまた頑張ろうと思ってくれる人が現れると思いますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習はウソをつかない

2010-10-25 15:16:00 | 練習

毎日練習してても、良く弾けたなと満足することは少ないと思います。
でも、「練習はウソをつかない」とよくスポーツ選手は言います。
楽器の練習も同じで、簡単にできることはそれなりのもので、難しいところを何度も練習しそれを克服したときに自分で自分をほめてあげてください。
その時は、聴いてくれる人も感動してくれるはずです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな暖炉

2010-10-24 16:54:27 | 日記
少し前まで猛暑だったのに、今日は寒さを感じます。
こんな日は神奈川県伊勢原市のOさん宅にあった蒔きストーブの暖かさを思い出します。
それで今日は昔ながらの丸い石油ストーブ出し火をつけてみました。
赤々と燃える炎をみると、そこだけは私にとって、小さな暖炉だったり蒔きストーブだったりします。
木枯らしが吹く夜、暖炉の前でリラを弾いてる自分を見つめていました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

リラ仲間

2010-10-23 15:39:48 | リラ(ライアー)
今日は埼玉県飯能市のKさんがリラ工房に来てくれました。ありがとうございます。
Kさんは初めてリラを手にしたようですが、とても楽しそうに弾いたおられました。
教則本にそってレッスンを進めさせていただきましたが、予定したところまでこなしていましたので、この調子で続けていただければ、きっと素敵なリラ奏者になれると思います。
今日がスタートです。リラ仲間としてこれからもどうぞよろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トランペットに挫折

2010-10-22 15:12:21 | 音楽体験
私は中学生のころトランペットに夢中になり、日記には将来はプロの音楽家になると書いています。
ところがその思いとはうらはらに、ぜんぜん上達しません。今思えば呼吸法もできてなく、口先で鳴らしていたので、ハイトーンは出ない、口は疲れて空気がもれる、などなどで、10代最初の苦い思い出となってしまいましたが、今でもジャズのCDでトランペットが泣くのを聴くと、特別な感傷がわき楽しくなります。
挫折も飛躍のバネと思いましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加