たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

弾く人も聴く人

2017-04-04 17:58:20 | リラ(ライアー)

ひとりでリラを弾く時は、弾くのも聴くのも自分です。

難しい弾き方をする必要はありません。

まずは、音符の長さも、テンポも、音色も、自分の感性にまかせます。

弾いて聴く自分が、癒され、元気が出て、満たされた気持ちになれたら、まずは、満足です。

これを続けるうちに、自分の弾きたい曲想も変わります。

その弾き方ができるように練習します。

わずかな歩みでも、嬉しいですね。 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最初は童謡 | トップ | 音を作る喜び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リラ(ライアー)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL