たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

リラの響き

2017-04-21 20:42:06 | 調整

竪琴リラ(ライアー)はギターなどに見られるフレットがなく、すべて解放弦を響かせて奏でる仕組みになっています。

解放弦は大きく振幅して豊かな響きが得られます。

さらに、一つの弦の響きが同音・倍音に共振することで、リラ独特の広がりと残響が得られます。

でもそれには、それぞれの弦の音程が正確に調律されていることが必要です。

なんとなく、響きに美しさがないと思ったら、まず、チューニングしてみましょう。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リラの故障修理 | トップ | ミスを恐れない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL