たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

リラの高さ

2017-06-30 18:07:42 | 練習

バイオリン経験のない私ですが、バイオリンは肩とあごの間にはさんでいて、体と楽器が一体になっているように見えます。

リラも弾き手との一体感が大事で、洋裁の針は、目が良い人でも、手元で糸を通すように、リラを鳴らす指もなるべく体に近づくることが大事です。

そのためにリラが体にしっかりと触れていること。

そして、抱えたリラの手が、遠かったり、低すぎたりしてないか、リラを乗せる左足のひざの高さをチェックしてください。 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンレッスンでひと月 | トップ | 後半戦のスタート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL