今日のわたくしゴト

今日書いておきたいこと。

また、テンプレート、変えてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

流星花園2 OSTで「あの曲」があ、、、。

2005年07月23日 00時31分28秒 | 台湾ドラマ
 今日、1時間用事でドライブ。
 
 昨日まで聞いていた
 SE7ENの「MUST LISTEN」は、
 大人のテンポで、ちょっと暗闇で聴くに向いたCDなのでチェンジ。

 太陽のギラギラに負けない熱さ大き目の音量で
 「オペラ座の怪人」Korean cast舞台版から
 最近の映画版2枚組OSTへ梯子して聞きながら
 緑の山道をひた走りました。

 やはり、「オペラ座の怪人」は
 サラ・ブライトマンのために
 アンドリュー・ロイド・ウェーバーが作った
 二人のあふれる愛と情熱に満ち、
 興業的にも成功した作品よねと実感。

 よし、今度こそサラ・ブライトマンの
 2枚組「オペラ座の怪人」ロンドンオリジナルキャストCDを買うのだ
 と意気込んで向かったタワーレコード。

 しかーし、私が狙っていた2枚ぐみの
 サラの「オペラ座の怪人」輸入版が無い。
 日本版の在庫は、残っていましたが。
 
 めげずに、まずは、土曜日「悲しき恋歌」に備え
 もう一つ、今日こそ買うと決めて
 前から狙っていた
 browneyesのセカンドらしきCDを掴み、
 隣のF4コーナーをちらちら。

 ああ、これが、F4の最新アルバムかあと思いつつ
 クラシックコーナーのセールワゴンへ移動しようとしたその時。

 「流星花園2 CD+VCD」の
 白地に青文字、2枚組らしきCDを発見。
 手にとって、ジャケット裏側の曲目をチェック。
 私が欲しいなと思っていた
 「アランフェス協奏曲」を14曲目に発見。

 そして、その上13曲目に「DORAEMON NO UTA(OPENING THEME SONG)」の文字が。
 さっき帰宅して、狙い撃ちで聞いてみたら、
 多分チェロのソロとピアノ伴奏で
 まさに、あの曲。

 前半はシンプルなチェロで明るいジャズ風ですが
 後半は、青い空が見えそうなポップなドラえもんアレンジ。
 ヘインもNYのクラブ(ジャズだったよね確か、、、)で
 これくらいやらないと、、、。
 って、NYの人はドラえもん知らないから、だめか、、、。
 
 しかし、オープニングテーマって、いったい。
 そして、劇中で聞いた記憶がないのですが。
 もう一度みなくちゃ

 そして、もう1個。和也君こと歐定興ファンには嬉しい
 和也君の「CLOSE TO YOU」が5曲目に入っているらしい。
 (すいません、まだ全部聴いて確かめてないの、ドラちゃんが素晴らしすぎて)。

 さらにさらに。
 頑張って、なんとかPCで立ち上げて見た
 ボーナスVCDには
 F3&和也君でつくしチャンをラジオで
 励ますドラマシーンが。
 このシーン。好きなのよう。
 ああ、眼福。
 
 browneyes とあわせて5000円の散財。
 来月から節約に励みます。
 店内を3周くらい右往左往迷ったけど、
 5000円、後悔していません。 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「1%の奇跡 」 第14話 「... | トップ | 流星花園2 OST(輸入版... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立ち読みしたら (satesate)
2005-07-24 19:06:27
タイトル忘れてすみませんですが

雑誌を立ち読みしたら、

「流星花園2」(輸入版)のOSTに

入っている13曲目

「DORAEMON NO UTA(OPENING THEME SONG)」は

日本の放送では流れなかったらしいです。



やはり、韓国ドラマ同じく著作権の問題かしら。



ああ、だんだん、台湾かシンガポールへ

「流星花園」と「流星花園2」のVCDを

買いに行きたくなっちゃった。



流星花園ノーカットで見たいし

流星花園2のラジオで杉菜ちゃんを励ます企画をたてる

和也くんと、和也君に集合をかけられたF3。



和也くんが

「君を慈しむ」とか「君を守る」とか

F3に言わせようとするシーンです。



そして、流星花園の「裏切りの夜」の

類と杉菜の海辺のシーンも

また見たいよう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。