放浪うどん人 ー 全国のうどん屋さんをめざして ー

うどん舵美歩きブログ
更新日は毎月「5」の付く日です。
A journey to eat udon

加寿屋(KASUYA)藤井寺本店 - 大阪の郷土料理 かすうどん -

2017年07月15日 | 大阪府(きつねうどん・かすうどん・その他)

先日、左ひざ治療の為、大阪府羽曳野市の病院へ行きました。

その帰り道、昼飯を食べる為、藤井寺に寄りました。

藤井寺と言えば南河内。

南河内と言えば「かすうどん」です。

そこで私は「加寿屋藤井寺本店」を訪ねる事にしました。

加寿屋さんは現在、全国にチェーン展開されていますが、その原点が藤井寺本店なのです。

「かすうどん」は、大阪南部の一部地域で食べられていた郷土料理です。

「かすうどん」の「かす」は、油かすの事です。

牛の小腸(ホルモン)を、脂が抜けるまで素揚げしたものが油かすです。

最近では、「かすうどん」も広く知れ渡るメニューとなりましたが、

昭和の頃までは、一般的に出回るメニューとして考えられなかったのです。

そのあたりの事は、とてもデリケートな問題なので、ここで話す事は差し控えさせていただきます。

ただ一つ言える事は、美味しい物に国境や身分や人種は関係が無いという事です。

近鉄藤井寺駅から歩くこと15分、お店に到着しました。

「加寿屋藤井寺本店」です。

意外に小さなお店だったので、少し驚きました。

お店に入ってさらに驚いたのが、

お店を切り盛りされているのが、20歳前後の若い女性スタッフふたりだけ・・・。

たまたまなのかな?

本店なので、年季の入ったオヤジが居るものだと思っていただけに驚きました。(^-^;

店内はカウンター席と、二人掛けのテーブル席がありました。

カウンター席に座り、メニューを拝見。



私は「かすうどん」のかす大盛りを注文。

あと、平日のランチタイム時は、おにぎり2個まで、かやく御飯、白ご飯のいずれかが無料サービスです。

私はかすを大盛りにしたので、かつおのおにぎりを1個だけ頂く事にしました。

しばらく待って「かすうどん」が運ばれて来ました。

まずは出汁からいただきますと、

とても美味しい!!

ほのかに柑橘類の風味があるのと、油かすの旨味も出汁に溶け込んでいて美味しい!!

油かすに合うのはこの出汁しかないなと思ってしまうほど、美味しかった。(´▽`)

油かすも臭味が一切なく、カリッとして甘味もあり、そして旨味たっぷりでとても美味しい!!

かつおのおにぎりではなく、白ごはんにして、油かすと一緒に食べれば良かったと後悔・・・。(^^ゞ

麺も悪くない。

モチモチ感とシコシコ感が絶妙なバランスで、この食感、クセになりそうです。(^^♪

加寿屋さんの「かすうどん」、思っていた以上に美味しかった。

「かすうどん」にハマってしまいそうです。(^ω^)

そうそう、かつおのおにぎりですが、おにぎりの中に鰹が入っているものではなく、

かつおのふりかけのおにぎりでした。

ただ、サービスのおにぎりにしては、サイズが大きかったです。

「かすうどん」は、大阪市東住吉区の矢田という町で、屋台で売られていたのが元祖と言われています。

実はわたくし、幼稚園の時から高校2年の1学期まで、この矢田という町で暮らしていました。

中学の時クラスメートがよく、

「油かすうどんを食べに屋台へ行って来た。」と話していたのを今でも覚えています。

(ちなみに私は、一度もその屋台を訪ねた事がありません。)

クラスメートの話から察するところ、

屋台で販売されている時のメニュー名は「油かすうどん」だと推測出来ます。

ですから、屋台ではなく、土地に根付いた店舗として、どこよりも早く「かすうどん」を本格的に取り入れ、

「かすうどん」というメニュー名を日本で最初に掲げたお店が「加須屋藤井寺本店」なのです。

「かすうどん」を広く世間に周知させたのも、加須屋さんで間違いないでしょう。

その功績はとても大きいと思います。

お店から出る時に「よかったらウチワをどうぞ。」と、なぜかウチワをいただきました。(^-^)

雨上がりの道を歩きながら、ウチワを使わせていただきました。

初夏の風をありがとう。

 

加寿屋 藤井寺本店 

住所 大阪府藤井寺市沢田1-28-5
電話番号 0729-54-6490
営業時間 11:00~翌5:00
定休日 年中無休

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元祖 田丸屋 - 念願の水沢... | トップ | 自家製生うどん 饂飩頑陣 -... »

コメントを投稿

大阪府(きつねうどん・かすうどん・その他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。