サスケの日曜日

小さな発見を楽しみに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岩泉での活動

2016-10-11 06:53:04 | わんこ
10月8日(土)より10月10日(月・祝)まで
神田交通・神奈川ボラバスチーム共催による岩泉町災害復旧支援活動に参加して参りました。

10月8日午後6時30分、県サポセンター集合7時出発。
今回の参加者は、ボラバスチームの2名のスタッフを含め総勢40名です。

バスは、東京駅八重洲口を経由し休憩を取りながら約10時間で岩手県岩泉町道の駅三田貝分校 へ到着。
気温12℃、小雨。その後雨も上がり作業し易い気候の中での活動となる。

道の駅は早朝で開店前のため、トイレのみ使用。
着替えはバス車内にて。軒下や車内で朝食を済ませ、現地ボランティアセンター前を通過し、今回の活動をコーディネートしてくださる遠野まごころネットの井上氏と落ち合う地点へ。
途中、岩泉町へ入ると町内の至る所に濁流で押し流された車両や家屋が発災後5週間を経過した現在も殆ど手付かずの状態なことがわかる。

この日作業をさせていただく所は中里地区と言う集落。この集落の6割が床上浸水などの被害を受けているとの事。
現在ライフラインは電気・ガス・水道の一部は復旧しているものの、家屋の殆どは床下の泥出し作業が完了せず、未だに住民の方々は連日届けられる冷たいお弁当を食べていらしゃるとの事。

現地ではちはち会の方々も合流し、ご依頼の内容に合わせたグループ編成を井上氏が準備してくださりお宅へ伺う。
はちはち会の方は、今週金曜日まで作業をされるとの事。
集落のどのお宅も一階の家財は殆ど運び出されている。引き取り期限が迫る中、残る家財の運び出しも予想される。

私が作業をさせていただいたお宅は、床下の泥出しが完了し、本日は庭の泥出しと屋内の清掃をとのご依頼。
庭の泥は約3~40㎝かと思われる。

ご依頼者立会いの下作業開始。2名は和室の清掃から開始。硬くコビリついた泥をあり合わせの木べらでこそぎ取った後、歯ブラシで擦り木目や板の目地から次々に土が剥がれ落ち、予想以上に時間がかかった。
土まみれの作業となり、マスク、ゴーグル、防塵など、防塵の装備は必須です。
どのグループも室内の掃除では泥の汚れに対し用具の不足からかなり手間取った様子だった。
ケレンの様な鉄製のものは木を傷つけてしまうので、竹べらや木の板、細かい角の土を取るためにカニ用のフォークをご自宅から持参された方もいた。
今回は二間続きの和室の半分程しか進まず次回に継続と言う形に。庭の泥出しは屈強なる男性陣6名の頑張りで完了した。

14時40分撤収準備。
15時バス乗車。

その後、龍泉洞ホテルにて1時間の入浴タイム。
館内には避難生活をされている方々もたくさんいらっしゃる。
皆様お疲れのご様子が伺える。その後盛岡市内のイオンにて夕食を摂り、8時出発。
渋滞も無く往路と同様東京駅を経由。
そのまま出勤される方もいてたくさん降車され午前6時前に横浜駅西口に到着。
荷物、機材を下ろし平塚へ。

今回の企画は初めてと言うこともあり、未知の部分も多くの、スタッフやボラバスチームの方々、そして神田交通の運転手のご苦労もいつにも増して多かったのではないかと思われます。

今回の参加費は1万円でした。夜行バスを利用して個人で参加するよりも低価格でした。

今後も同団体で計画が有ります。興味のある方はお問い合わせください。

便 名:岩手県岩泉町復旧支援便
出 発:横浜駅20:00(集合19:45)、東京駅21:00(集合20:45)
参加費:1万円
定 員:各便40名(最小催行人数30名)

主  催:神田交通株式会社神田ツーリスト
企画協力:いわてNPO災害支援ネットワーク
     NPO法人かながわ311ネットワーク
     かながわ災害ボランティアバスチーム

★第2便:10月21日(金)出発~22日(土)活動~23日(日)朝帰着
 申込受付期間:10月12日~10月17日

★第3便:10月28日(金)出発~29日(土)活動~30日(日)朝帰着
 申込受付期間:第3便 10月12日~10月24日

iPhoneから送信
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花のリレー | トップ | フラッグからミサンガへ、新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

わんこ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。