鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

新緑輝く皐月の空の彼方、夏色の扉が開く水無月の風を感じて…

2016-05-31 22:20:46 | 日記

ワタシ的には一年で最もいい季節と感じている5月があと数時間で終わってしまいます。振り返れば、今年の5月も工房を訪ねてくれた方々と思う存分に語り合い、そして初夏の陽射しと新緑の輝きに包まれた一か月でした。そしてこの5月最後の週末の29日 日曜日、いつものように朝4時に目が覚めて寝ぼけまなこで郵便受けへ向かうルーティンをこなす中、佐助の街は深い霧に包まれていました。

いつもはご近所の家の向こうにはっきり見える里山も霧のベールに包まれて、その姿をうかがうすべもありません。この深い霧は、そこそこに楽しかった5月の日々すべてをそ~っと抱え込んで守ってくれるかのようでもあります。

陶芸教室午前の部の段取りを考えながら朝食を摂る頃には、街を覆っていた霧も遠い空の彼方へ。ウチの同居人さんからの「今日は街のお掃除の日ですよ」との声に導かれて、町内一斉大掃除の集合場所に向かうこととなります。

自治会役員の方々から町内一斉大掃除の手順を聞きながらも、ご近所の方々が交わす「うわぁ、ひさしぶり」、「いえいえ、つい先日会ったでしょうが…」という「生存確認」のような会話がアチラから、そしてコチラから…。この会話こそ、町内一斉大掃除の醍醐味のようにも感じられてきます。

毎度毎度のことながら、この町内一斉大掃除はさながら、「佐助知り合い同窓会」。

お掃除フィールドに向かうこちらの三人組の後ろ姿は、さながら「黄昏キャンディーズ」…。

東京方面から高級車でドライブしてきたカップルの方も、クルマの中で「この人達はどこの誰? なにがしたいの?」と目をパチクリ。


皐月・五月の空の下、男性陣も手に手を取って? お掃除三昧ということになります。

このお掃除は、まだ陽が高く昇らぬウチの午前9時からスタートなのですが、掃除が進むにつれて初夏の陽射しが思いのほか強いことを実感します。

ふと空を見上げると、なんとも不思議なスジ状の雲が…。

そういえばこのところ、街を彩る新緑の輝きに目を奪われて、空に目を向けることがありませんでしたっけ…。

1時間の予定のもと、和気あいあいの雰囲気で行われていた大掃除も最終盤。

鎌倉散策の方々から「佐助の街って、ホントにアットホームですね」との言葉を投げかけられて、反射的に「ありがとうございます。これからも佐助をご贔屓に」…。即座に我を振り返りながら、「オマエは佐助のセールスマンか?」とニガ笑いするワタシがいました。

佐助の5月のフィナーレを飾る町内一斉大掃除を終えて家路につく頃には、街を包む里山も心なしか新緑の色合いも深まっているように思われました。

降り注ぐ陽射しも 日を追うごとに夏色へ…。明日から 水無月・六月がスタートします。まもなく、当地は市内のいたるところがアジサイの花で覆い尽くされます。

そして、人も風も空も 夏色のときめきとともに…。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やってくれます、マイクロさん。ウイークエンドの傷癒やす逗子の入り江とコロッケパン

2016-05-22 16:33:47 | 日記


ウイークエンドの土曜日の遅い午後、陶芸教室を終えて葉山の梱包材料屋さんへ向かうことが時々あります。ちょうど昨日も西に傾きつつある陽差しを後ろに感じながら、メガーヌとともに葉山へ。

途中、逗子海岸沿いの国道134号線を通りかかりますが、このあたりの海を見るたびに「なんだか、ココロが和むなぁ…」と、独り言。

今から四半世紀前のバブル景気当時、海沿いのカフェレストランとして一世を風靡したラ・マーレド・茶屋の白い壁、逗子の海、そして初夏の空も、すべてがキラキラ輝いています。

ちょうどクルマが渋滞していたため、石原慎太郎センセイの「太陽の季節記念碑」をじっくりと眺めることとなってしまいました。

でも、海を撮影する後ろ姿の女性とともに遠くに見える江ノ島のほうが、ずっと素敵…、です。

思いもかけぬ「ホッとした時間」なのですが、遡ること一日前の金曜日以来、ちょっとしたバタバタ劇が…。

それは二十四節季の小満を越えた20日 金曜日。いつものように朝4時過ぎに目を覚まし、パソコンをボーっと眺めていたら、なんとなく「変?」なことになってます。

「なんだか変てこな画面だなぁ」と、漠然たる嫌な予感が。

と、急に画面が横浜DeNAベイスターズみたいなマリンブルーに切り替わり

ガ~ン! ワタシの周りではとかく不評で「アップデートするのはまだ早い!」といわれていたのに…。いきなりパソコンを拉致されたような感覚に陥ってしまい、大ショック!

画面中央から少し左下には…

「makiroではありません」と言われても、「じゃあ、誰なのよ!?」と、つぶやくしかありません。

市役所近くに出かける用事があったので、やむなく自宅を出発して用向きのオフィスに。先方のオフィスでパソコンのキーボードをパチパチやっていると、突然そのパソコンがシャットダウンして、あらら

そのオフィスのパソコンも、勝手に「10」に変身しようとしています…。せっかくですから、ガラケイで記念撮影!?

オフィスに居合わせた方々とともに、「こ、こんなことアリなの?」「なんか変」など言いながら画面を見ていると、ウチの同居人さんからケイタイに連絡が入り「大変です! 私のパソコンが、ウインドウズ ジュウになってます。何なの、これ?」と叫びまくっています。あわてて家に戻る途中、足をすべらせて転びそうになり「これじゃ『ウインドウズ転』になっちゃうよ」と文句のひとつも口をついてきます。


以来、一日かけてどうにかこうにか普通に使えるようになりましたが、なんともかんともさまざまなアプリを再設定する必要があったりして、パソコン音痴には「まことに心臓に悪い」ことおびただしい限りです。

今回の強引?な「更新劇」はかなりのスケールで展開されたらしく、昨日の夕刊紙上でもチラッと話題になっていました。


そして本日朝6時 もちろんのことながウチの同居人さんはまだおきてこないのでとっても静か。テーブルの上には、昨夕 葉山の旭屋牛肉店で買ってきたコロッケとパンで済ませるとってもチープな朝ごはん。

とんかつソースたっぷりのコロッケパンが、金曜日からの「Windows劇場」で痛めつけられたココロを少しずつ癒してくれます。

午前中の教室にやって来たとても気持ちの良いカップルとの陶芸時間。

陶芸を楽しむ二人と語らううちに、金曜日からのバタバタは遠い彼方に去っていきました。

Windowsとの闘い終えて 開くココロのWindow…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皐月の陽光まばゆく輝くお寺 de 朝市 & 「ブラタクラ」…!?

2016-05-15 21:33:04 | 日記


ふと気がつくと風薫る五月も早や半ばを迎え、新緑や初夏という言葉にも「夏本番近し…」というハイテンションな感じが漂っています。そういえば現在、東京・両国国技館で行なわれている大相撲が「五月場所」ではなく「夏場所」と命名されているあたりにも「夏」を待ち侘びる人々の思いが込められているようにも思います。

当地でもかの連休明け以降、地元の人々や鎌倉散策に訪れる観光客の方々ともども平日、ウイークエンドの区別なく「気分はすっかり夏模様」。街を往来する人々は連休時以上に躍動的にさえ見えます。

とはいうものの、普段は人とクルマで大混雑する長谷観音前交差点も本日5月15日 日曜日の早朝午前7時半という時間帯にはさすがに「ガラ~ン」と静まり返っています。

プラプラ歩いているのは、ワタシ一人です。ワタシはいったい何してるのか?、ふと自問自答してみたくなります!?

交差点をさらに西に進むと、そこはかの有名な長谷寺。参拝や観光の人々の波で溢れかえるこの門前ですが、午前7時半とあって、人っ子一人姿が見えません。

新緑萌える杜に佇む長谷寺を「一人占め」のひとときです。

本日15日「長谷の市」開催前の静寂に包まれた長谷寺を後にし、すぐお隣の光則寺で開催される朝市の会場へ。この朝市に際してはご近所のお店仲間「甘味処 こまめ」さんが毎年出店しています。そして今回は、ウチの同居人さんが製品化した鎌倉スパイスや鎌倉紅茶をはじめとするアイテムも「こまめ」さんとともに正式参加の運びとなりました。

そのようなこともあって、ワタシは「朝市」準備のお手伝い。朝市実行委員の注意事項に耳を傾ける、そぶり…です。

こちらが光則寺朝市に出店した「チーム佐助」?の3人。写真右から「こまめ」の店長・かえさんと祐子さん、そして一番左はウチの…。

「おむすび、甘味はいかがですか…」「鎌倉スパイス…」とか細く声を張り上げて朝市を盛り上げる?お三方の傍ら、知り合いの顏を見つけるや否や、世間話に興じるワタシ…。なんだかいつも、ちっとも役に立ってません。

時あたかも本日は「第3回ボーダーフェスティバル@由比ガ浜通り」が同時開催されているとあって、朝市会場にもボーダー柄を身にまとった方々がとても目立ちました。ボーダー柄を身に着けていると、由比ガ浜通り、御成通りのフェス参加店では特典があるのだとか。

蛇足ながら、夕刻チョピット鎌倉駅西口付近を徘徊した折、駅周辺にはボーダー柄の人、人、そしてまた人…。3回目での浸透度はかなりのもののようです。毎年夏に開催しているわが街「佐助のさんぽ市」でもこの種のフェスもありかなぁ、ならば『あの趣向で』いこう!」と、チラリ考えてみたり。

光則寺朝市の最中、お隣「長谷の市」が開催されている長谷寺観音ミュージアムの学芸員・三浦氏を訪ねてみました。ワタシの大学の後輩ということもあり、三浦氏はミュージアムの収蔵品をとても丁寧に解説してくれ、まさに「至極のひととき」を過ごす機会を得ることができました。ちなみに三浦氏は数か月前にオンエアされたNHK「ブラタモリ」にてタモリさんに鎌倉を解説していた、あの人です。きっと覚えている方も多いのでは?

長谷寺から臨む鎌倉の海。なんだか旅行に来たような錯覚に陥ってしまいます。

そういえば街の名所旧跡、このところあまり訪ねてません。行くは小町の裏通りばかりなり…。

ともあれ、早朝から昼まで長~い午前の時間を過ごし、さながら一篇の旅日記。


風薫る五月の風に 時重ね、振り向くウナジ 風に吹かれて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ときめく風薫る皐月の刻は、ありふれた時を越えて輝く…

2016-05-04 22:44:43 | 日記
ゴールデンウイークも終盤となった本日4日、当初来の「雨」の予報を覆して午前中から初夏のきらびやかな陽射しに恵まれた一日となりました。ご近所で親しくしているお宅の軒先には、その家の男の子二人の成長を願う鯉のぼりがさわやかな初夏の風に吹かれて気持ち良さそうに泳いでいます。

ちょうど通りかかった鎌倉散策の女性の方々も「うわぁ、鯉のぼり!」と歓声を上げながらスマホで「パシャッ」…。「風薫る五月」とはよく言ったもので、見るもの、触れるもののそこここに、芳しい風情が、そして美しい息吹が漂っているように見えてきます。

普段は無味乾燥に思えるコインパーキングの看板も、新緑に囲まれるとそれなりに街並みの景色の中に溶け込んで見えてくるから不思議です。

それにつけてもご近所のお店仲間「甘味処 こまめ」さんは 、1年ほど前から両隣をこの「三井のリパーク」にサンドイッチされて現在に至っています。お店の両側にコインパーキングが立地する甘味処は、日本広しといえどもそうは無いに違いありません。

蛇足ながら、この共に至近に位置する「三井のリパーク」さん2ケ所の利用案内を読み解くと「経済自由主義」の一端を垣間見ることも出来ます。その「謎解き」は、是非とも現地にて。つくづく「価格とは何ぞや」との思いを禁じ得ません…。

ともあれワタシのみならず、ここ佐助でそれぞれにお店を展開する仲間の方々はみんな、連休の華やかなレジャーとは無縁の日々を送っています。ワタシはといえば、陶芸教室の合間を縫って、夏の「さんぽ市」の下準備よろしく、お店仲間の間を行ったり来たり。その道すがら、佐助の街をチョピット徘徊…。

わが家のお隣りくらいに位置するこのお宅では、四季折々、いろいろな花が咲き誇ります。今、まさにサツキが満開。

松の深い緑と桜の若葉とのコントラストが目にも鮮やかに映ります。

佐助の街のランドマーク・銭洗弁財天へ向かう人の流れから離れて一筋ほど脇の道に入ると、そこには鎌倉旧市街の里山の風景が…。



代々所有する山の斜面を営々と整備していると聞き、あらためて土地を守る気概にただただ感嘆するのみ。猫の額ほどの小さな庭の草刈りにも難儀している我が身を振り返り、「穴があったら隠れたい」…。

ひるがえってこのゴールデンウイーク、ウチの工房ではかつての陶芸教室会員さんや体験陶芸に来てくれた方々があらためて陶芸に来廊…という状況が繰り返されました。いわゆる「リピート」は珍しいことではありませんが、この連休のように集中的に「リピート」現象が起きることは、かつてなかったこと。思い出してくれたことだけでも、嬉しいかぎりでもあります。

本日、陶芸に来てくれた若者達の女性リーダーとのおつき合いも、かれこれ5年ほどになります。

大学生だった5年前から毎年この時期に陶芸に訪れ、今はご主人や友人たちと共に「鎌倉時間」を楽しんでいってくれます。その間にも、ワタシは「還暦」を迎えてしまいました。我が身を振り返り、なんと言ってよいのやら…。

陶芸教室を済ませた夕刻、若者を見送りながら、ふと導かれるように「甘味処 こまめ」の暖簾をくぐり,店長・かえさんの「本日も『泡』ですね!?」との言葉にうなずいて、まずはビールを。

ふと気がつくと、お店の障子には庭の可憐な草木が影絵のように投影されています。思わず「いい絵だなぁ…」と、つぶやくワタシ。そして、こっくり頷く 店長かえさん。

お互い、連休の「ヤマ」を越えつつある安堵感とともに、しばし無言のまま、障子に映る「影絵」に見入っていました。

なにはともあれ、鎌倉散策の方々で溢れる表通りからそっと奥に入った所に位置する我が工房。五月の空を見上げつつ、ここで一句

鯉のぼり 憲法談議に日は暮れて 明日は立夏ぞ 子どもの日



コメント
この記事をはてなブックマークに追加