鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

佐助ケ谷の秋日和、この時期こそのTime&Stileにドキドキ

2015-09-27 18:44:16 | 日記

俗に「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年の秋に限っていえば8月初めの「立秋」を境にまさに暦どおりに 秋 がやって来たように思います。そして秋のお彼岸を待たずに秋は一気に深まってきたような感があります。ここ数年続いていた「残暑がず~と続いた後に、いきなり晩秋…」という傾向はひとまず収まるのでしょうか。されど、あまりに早すぎる秋の訪れは、それはそれで寂しさもひとしお。佐助ケ谷を囲む里山も早や、部分的に落葉が始まっています…。

深まる秋、夜明けからの愁雨が名残る27日 日曜日の朝。毎年春秋恒例の「佐助川並びに周辺道路の清掃活動」が行なわれました。

佐助自治会役員さんの指導のもと、すっかり顔見知りになった町内の方々とともに楽しい世間話をしながらのクリーンアップ大作戦。

「おぅ倉田さん、今年の個展も行くからね。どうだい、準備は?」と問われ、すかさずオズオズ「そりゃもう、今年もドタバタ!」とぴしっ!と答えるワタシ。そして、傍らでは「甘味処 こまめ」のかえさんや「ブンブン紅茶店」のマスターが掃除にいそしんでいます。思えば、昨年もまったく同じ光景が繰りひろげられていたような気がします。つくづく日々の流れの早きを実感します。

そして奇しくも本日27日、来るべき個展に向けてウチの工房周りもクリーンアップ…。

今回も、あの超名門・開成学園出身という異色の経歴をもつお庭師・大熊さんのお世話になりました。

せっせと手を動かす大熊さんの傍らにワタシが陣取って、庭仕事の邪魔をするのもこれまた例年どおり。ここでも、つくづく日々の流れのなんと早いことか…。

大熊さんから庭師としての流儀や奥義を聞きながら時が過ぎ行く中、毎年夏にウチの工房でアートする「ブンブン紅茶店」のチビッ子陶芸家・トモくんが自ら手がけた作品を見に来ました。

本来ならば、素焼きしたこの状態に釉薬をかけて本焼きして完成となるところですが、トモくんの希望により「これにて完成!」ということになりました。トモくんは大の土器好きということもあり、どうやら「大満足!」の出来だったらしく、彼の表情からは、笑顔は控えめながらも「大収穫…」という感じが漂っていました。

そういえば、トモくんは昨年もちょうど今頃、それはそれは見事な「縄文式土器」を完成させていましたっけ。またまた、つくづく日々の流れのなんと早いことか…。

ふと気がつけば、工房内のテレビでは三重県鈴鹿での F-1日本GP の映像が流れているではありませんか!?。
 
幸か不幸か? 陶芸教室の予約が無く自らの作陶が許された状況の時のみに許される、リアルタイムでの「F-1スズカ in 佐助Room114」が久しぶりに実現しました。「スズカ」発のエキゾーストノートをリアルタイムでエンジョイするのはいつ以来なのでしょうか。はっきり覚えていないくらい、時の流れのなんと早いことか…。


工房では目下のところ、マグカップの制作が最終段階。

色とりどりのF-1マシンに触発されたわけではありませんが、個展に向けた少々派手めの「特別仕様品」とあって、妙にドキドキしながらの絵付け作業が続きます。この作品が焼き上がるのは、まさに個展開催直前になる予定。

毎度毎度のことながら、個展直前まで足掻きに足掻き続けるドタバタの日々…。毎年、個展開幕までカウントダウンの頃からの時の流れのなんと早いことか…。

中年老い易く、楽 成り難し…!?

今回も最後に…



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバーウイークも早や終盤、「チー坊がいた夏」とともに秋本番…

2015-09-22 11:21:16 | 日記

誰がいつの頃から言い始めたのかは知る由もありませんが、この秋の「シルバーウイーク」という呼び方はすっかり耳にも心にも馴染んできたような気がします。陶芸の合間、ラジオから流れる「シルバーウイーク交通情報…」というナレーションも、妙にしっくりきます。

そしてこちらが、毎年長いお休みのたびにワタシが頻繁に見入る交通情報。これは一昨日20日の日曜日、午前8時の状況です。

都心から各地の行楽地へ向けて高速道路が渋滞している様子を示す赤いラインを見ながら「工房でじっとしているのが正解なんだよね…」とポツリ。どこにも出かけられない無念さを無理やりかき消しているようで、ちょっとさびしい気も。ホント、遊び下手です…。

交通渋滞とは無縁の陶芸教室の時間を終た夕刻、親子ほども歳の離れた若い会員さんたち有志と駅付近を「のれん巡り」に向かう道すがら、かの洋館レストラン「古我邸」前で記念写真!?。

この春のオープン以来、いまだに「ランチの予約が取りにくい」とか。故に、門の前に佇み洋館の雄姿を眺めて仮初めにオナカをいっぱいにする日々が続きます。

「のれん巡り」の締めでたどり着いたお店の入口前のお花に目をやりながら「このお店がオープンしてもう1年か…」とあらためて時の流れの早さにふと驚きを感じつつ‥。

それにつけても、お花のメッセージカードに記されていた「ピーコ」という文字が少々気になって…。お店のオーナーに「あの『ピーコ』という人は?」と、そっと訊ねてみたところ、オーナーは意味ありげに「ニッコリ」笑顔で応えてくれたのでした。ことほど左様に、雰囲気もオーナーのもてなしも、奥深いお店なのでありました…。

閑話休題。

今回のシルバーウイークのように比較的長いお休みの場合、これまでの例ではワタシの大学時代の友人たちがやって来ることが度々ありました。そして、今回も…。

連休の陶芸教室もひと心地ついた午後のひととき。入口の網戸が「パターン」と開き、「佐助114さん、おお、クラタくん!」と言いながら、やに親しげに一人の男性が工房に入って来ました。「えっ、誰だ!?」とアタマの中がクルクルしていましたが、「なんだ、お前かぁ!」ということで、じつに16年ぶりの再会です。それにつけてもワタシが大学で学んだ地理学科の仲間はいずれも無茶なヤツばかりでどいつもこいつも、地方から何の連絡も無しにやって来ます。それも、朝6時頃にいきなりドアホンを「ピンポ~ン」と鳴らして「お~、来たよ~!」と、玄関を開けようとドアをガタゴトこじ開けようとすることも。もっとも、こんな手荒な訪問こそ、また嬉しいものなのですが。

この友人(写真手前)もいきなりの訪問ではありましが、玄関でガタゴトすることは無く、一応は紳士的!?、です。子供にせがまれて東北から家族旅行でこちら方面にやって来たこの友人(写真手前)とお互いの状況を伝え合うこと約1時間。ワタシからそっと「今度、東京オリンピックを開くけど、東北の人たちはどのように思ってるの?」と尋ねてみました。
彼の答えは「自分の周りのみんなは『オリンピックしてる場合じゃないよね。東北の復興が先でしょ!』って思ってる。まだまだ放射線量も高いしね」と、この時ばかりは顔を曇らせていました。

偶然のことながら、この日の陶芸教室では「安倍総理が山梨の別荘に行ってゴルフ、ゴルフ」が話題になり、工房の中では「茨城が水害に遭って苦しんでるのに、ゴルフしてられるの…?」という意見がさざ波のように広がっていましたっけ。ワタシ自身、政治的には不偏不党の立場ですが、若い人たちの間で「これはおかしいのでは?」といった事に関していろいろな意見が交わされる姿を見るにつけ、なんとなく心強い思いも感じるシルバーウイークのひと時でもありました。

東北から来た友人と旧交を温めている最中、やにわに届いた花籠…。

ワタシの個展案内ハガキと9月14日付け当ブログを見て、ウチの黒猫チー坊の死を知った友人夫妻からのお花でした。運んできてくれた花屋さんがメッセージカードに記された「チー坊 天国にいっても 楽しんでね。」という言葉を読み上げてくれるのが、なんともありがたくもあり、可笑しくもあり…。

このお花の他にも、今も多くの方々からチー坊に向けてのメッセージをいただき続けています。あらためてワタシ ならびにウチの同居人ともども、お礼 ならびに感謝申し上げます。

最後になりますが、来月10月 神無月は「寒露」の頃に始まるワタシの個展。「黒猫の徒然」ともども、よろしくお願いいたします。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さして猫好きではないウチの二人と黒猫チー坊の「夏の日」を経て、今 秋日和…

2015-09-14 21:57:27 | 日記

先月の末に当ブログにて「浴衣で こまめ寄席」での三遊亭遊吉師匠の高座や来場の浴衣美人さん達の優美な姿をアップして以来、約2週間ほどブログアップせずに初秋の秋の夜長を鈴虫の音色とともに過ごしていました。ブログアップがこのところ滞っていたのは生来の怠け症のためとともに、やや故あってのことでもありました。

これまでの例として10日くらいブログを「放置プレイ」していると、あちらこら、そしてかなりの向こうからも友人知人が「ねえ、ブログどうしたの?…」「元気にしてるの?」といった具合にメールや電話をしてきてくれます。嬉しいことに今回も「安否確認」の問い合わせをいただきましたがどうした加減か、「この夏の猛暑の飲み過ぎでダウン?」という声が各所から。たとえ暑くても寒くても、毎晩の発泡酒消費量は量りで計ったように500mℓ缶2本と決まっているんですが…。

ともあれ、9月 長月初めのブログをしたためる前に、しばし小休止。いやはやなんとも、このところしばしブログアップせずに日々を送っていた裏には少々の故ありまして…。

じつは、このブログにも何度か話題にしていたウチの黒猫チー坊がこの夏に逝ってしまい、つい先ごろ四十九日を迎えました。そのようなこともあり、9月に入ったところでなんとなく「四十九日が過ぎるまではあらためてささやかな喪に服そう。9月のブログアップもチー坊の報告から…」と勝手に期していたところでした。

記録的猛暑に見舞われたこの夏のとある日曜日、チー坊はウチの同居人さんに看取られて逝きました。5月に体調を壊して手術し、約2か月の闘病の末の一生でした。雑種のメス、享年12歳、ちょっと早いような気持ちでいっぱいでもあります。

チー坊の死はあえて知らせることはしなかったのですが、それでも伝言ゲームのようなカタチで友人知人の皆さんの間に伝わり、多くの方々がお線香を手向けに来てくれました。

皆さんはチェストの上に急ごしらえした祭壇の前でチー坊の思い出を語り、そして「ミツコさん、元気出してね…」とウチの同居人さんをそっとねぎらってくれます。その間、ワタシはただ傍らにボ~ッと佇んでいるのみ。気遣って声をかけてくれる人はあまりいませんでした。ワタシも少しは気落ちしているのですが…。

ある日、ふと気がつくとチー坊の祭壇に小さなアルバムが。今から12年前、ウチの二人とオス猫オルカが暮らしていた神奈川・綾瀬市の家の写真から始まる「チー坊のアルバム」でした。生まれてすぐに親猫からはぐれてしまい、庭の片隅にうずくまっていた黒猫を拾ってきて育て始めた頃の一枚です。

この写真はたしか、キャノンEOS-10 というフィルム式カメラで撮った記憶があります。この頃、デジカメも使用していたのですが、まだまだフィルム式カメラが生き残っていたことが忍ばれます。そして何より、当時「クロちゃん」と呼んでいたチー坊の身カラダのなんと小さいことか。さらにさらに、ウチの同居人さんのなんと若いことか! 今や別人の如く。なんとも隔世の感があります…。

思えば毎年元日の朝、チー坊とともにお雑煮のお餅を焼くこんな光景から一年がスタートしていました。


そして以前ブログアップして、「これは面白い!」としばし評判になったチー坊と同居人さんの記念すべき一枚。


ウチの二人ともに特段の猫好きというワケでもないので、チー坊に対してもいわゆる「猫可愛がり」はいっさいありませんでした。チー坊ともども、「好き勝手に家の中で棲息しましょう」という感じの12年でした。さりとて猫というヤツは不思議なもので、自分なりのルーティンは堅く守るようらしく、毎朝この一枚のような光景が繰りひろげられていましたっけ…。

チー坊が逝って約50日。チー坊は、ウチの二人が「ペットレス」には見舞われないように次から次へとお仕事やさまざまな用事を運んできてくれます。ただ、なんとなく部屋が広くなってしまったように感じられ、その空間を埋める手立てを見つけられないでいるような気もします。

時あたかも、間もなく毎年恒例のワタシの秋の個展の時期を迎えます。今回はワタシの作品とともに、チー坊を取り巻く猫語の世界を具現化すべく プチ黒猫展「チー坊がいた夏」を同時開催してみることといたしました。プチ黒猫展ゆえ、この春に開催した「黒猫Ten +α」よりはささやかではありますが、「それなりに」「ささやかに」猫にまつわるエトセトラを感じていただければ、と思っています。

もちろん、ワタシの作品もお忘れなく…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加