鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

暑過ぎた日々を「夏色の思い出」に変える ハナミズキ…。

2014-08-24 23:09:30 | 日記
思いおこせば今から約20日ほど前の8月はじめ、ご近所のお店仲間がチカラを合わせてのイベント「鎌倉佐助のさんぽ市」の開催と時を合わせて連日の猛暑がやってきたような記憶があります。と同時に、これはあくまでも私感なのですがこの8月を迎えるとともに、朝夕には時折「秋」を思わせる涼しい風がそよぐようにも。

そして昨日23日の土曜日は二十四節気において「暑さが収まる」を意味する「処暑」を迎えるに及びました。そろそろ聞こえ始めたツクツクホウシの鳴き声を聞きながら、あらためて、過ぎ行く夏に思いをはせる今日この頃。「さんぽ市」、そして、またまた一日も休めなかった旧盆の日々を経てもなお続く夏の日の思い出の数々が走馬灯のように…。

たとえば お盆過ぎの、とある夕刻。日頃、佐助自治会の活動に携わっている方々を対象とする夏の恒例の「納涼会」の一コマ。


ご近所のお馴染みの方々が一堂に会して、「佐助の明日を語ろう」というか、「佐助で明日も飲もう!」という方が正しい感じの「フィールド・オブ・ドリンキング…」な光景がくりひろげられます。

陽が暮れるとともに主役はチビッ子のもとへ。


花火に興じるチビッ子たちの「キャーキャー」と叫ぶ声が、線香花火の煙に乗って佐助の夕暮れの空に遠く響いていました。


そして本日24日・日曜日の夕刻、「さんぽ市」のお仲間・鎌倉児童ホームさんで毎年開催される「児童ホーム夏祭り」にチラッと顔を出してみました。

児童ホームさん、自治会さんをはじめ、ご近所の方々がともに手を携えて進行していくその「手作り感」の中にどことなく「昭和の薫り」が感じられます。

会場でお会いしたご近所に住む人生の先輩諸氏から「今夜、建長寺で行なわれる光のイベントに行こうよ」、「今頃、鶴岡八幡宮で南こうせつがライブしてるよ」云々、さまざまなアプローチをいただきました。このところ、お仕事が少々ハードワークだったゆえ、やんわりお断りして、暮れゆく空を眺めながら帰宅の途へ…。と思っていたところ、東京の友人夫妻から「今、鎌倉駅。来てね」との連絡がワタシの携帯に。「おおおっ!」という感じで進路変更して彼らと駅で落ち合い、導かれるままに着いた先は、なんと鶴岡八幡宮。おりしも「鎌倉音楽祭 鶴舞2014」が開催されていたのでした。これこそ、南こうせつさんが出演するライブでした…。

舞殿の特設ステージでは南こうせつさんが登場する前、おりしも、一青窈さんが「ハナミズキ」を切々と歌っていました。

ワタシの友人知人の間には、一青窈さんの熱狂的なファンが何人もいます。今回、初めて彼女の歌声とその姿に触れ、ふとその友人達の顔が次々に浮かんできて、思わず「みんな、元気かなぁ」と、柄にも無くしんみり。歌のチカラって素晴らしい、のですね…。

南こうせつさんのステージは、3曲目の「夢一夜」まで聴いて、友人夫妻ともども帰途に。

ふり返れば、「南こうせつとかぐや姫」というユニットが「神田川」という大ヒット曲を生み出したのは今から約40年も前のこと。当時、ワタシはたしか高校3年生だったような記憶があります。あらためて、この40年間ちっとも進歩していないことに気づかされた夏の夜…、でもありました。

そして明日は、大好きな「夏の甲子園」晴れの決勝戦。三重高校と大阪桐蔭高校が深紅の優勝旗を賭けての一戦となります。この決勝戦がゲームセットを迎えると同時にワタシの夏も「ジ・エンド」。


本日、「鎌倉音楽祭」のステージから流れる南こうせつさんの歌声を聴きながらの帰路、鶴岡八幡宮参道の夕空は秋色の風が流れていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松町がやって来た!? 「ココロの友」と文化が薫る おつきあい…。

2014-08-14 19:51:15 | 日記
それは先週のある晴れた朝のこと。いつものように、トーストと目玉焼き、そしてサラダと紅茶の朝食をチャチャッと作って一人でゆったりノビノビと食べて、「さて、ゴミ出ししたら、陶芸だっ!」と気合を入れかかっていたところ、傍らのガラ携からメール受信を知らせる音が「ピッ、ピッ、ピッ」っと鳴りました。

「こんなに早い時間に。いったい誰から?」と思いつつ、ガラ携のちっちゃなディスプレイを見ると


野村邦丸 唐突 金曜日 取材…、なんて文字が並んでいます。

「な~に、な~に?」と、もう一度メールをよ~く読んでみると、ワタシが常日頃、午前の作陶の時間に「お耳の友」としている文化放送「くにまるジャパン」という番組をナビゲートしている野村邦丸アナウンサーからの取材依頼メールのようでした。これまで何度かお会いする機会もあり、ワタシが自分勝手に「ココロの友」と位置づけている邦丸さんからの依頼とあれば、どんなことでも「かしこまりました!」となるのは当然の成り行き、というか、必然! です。ほどなく番組スタッフの方から連絡をいただき、「金曜日の番組終了後に取材に…」ということになった次第です。

肝心のオンエアの日時は15日の金曜日、文化放送 午前9時スタート「くにまるジャパン」の中の正午過ぎから流れる『くにまるジャパン探訪』‥。ということで、つまりは本日。すでに終了しています。オンエアよりも先に友人知人に知らせてしまうと俗に言う「ネタバレ」にもなりますので、あえて「お忍び」に徹してみました。この「くにまるジャパン探訪」というコーナーは邦丸さんとオバちゃんアナウンサー・伊藤佳子さんが毎週毎週、一つの街にターゲットを絞ってさまざまなスポットを探索する構成となっています。

工房での伊藤佳子アナの体験陶芸をひとしきり終えたところで邦丸さんに何気なく「隣りのリビングにアルコールや軽いお食事を用意してます」とそっと告げたところ、邦丸さんはじめクルーの皆さんの目がキラッと輝きましたっけ。邦丸さんの「前に来た時も隣りのリビングでくつろがせて貰ったんだ…」との言葉とともに、取材収録の場は工房からお酒の誘惑いっぱいのリビングへ。

聞くところによると、午後1時に番組が終了してそのまま電車で鎌倉入りし、お昼ご飯抜きで取材取材の時間を過ごしてきたとか。リビングでの約2時間は飲みながら食べながらのとても濃密な収録となったことは言うまでもありません!?

でもって、ひとしきり時間が過ぎた後、「邦丸組」との記念撮影。

ワタシの肩に手をそえる邦丸さんの傍らで微笑む伊藤佳子アナの可愛くちっちゃい笑顔が印象的でした。

ワタシもかつて野球記者だったころからの経験則として、取材後「おつかれさまでした」の言葉とともに「後追い取材」と称して一軒、そしてもう一軒。

「メモ無き取材」のお酒の楽しいこと…。ほどほどに酔いのまわった邦丸さんの姿を撮る手もブレブレです。

先週末の金曜日 午後4時半に「邦丸組」がウチの工房にやってきて、取材や二次会をこなし、あっという間に時間が流れ、ふと気がつくと間もなく午後11時…。

還暦目前のオヤジ二人、夏の夜空に誘われて「気分はすっかり大学生…」かな。

それにしても、縁とはまことに不思議なもの。今から約20年前に陶芸を生業として以来、常に作陶の傍らには文化放送・野村邦丸さんの声が「お耳の友」であり続けています。その後、直接お会いする機会を経て昨年秋のワタシの個展初日、偶然にも娘さんとお孫さんを連れて工房を訪ねてきてくれたり…。そして、このたびの「学生気分!?」。

文化放送が四谷から浜松町に移転した2006年7月24日、「新社屋移転イベント」の際にはじめて邦丸さんと会話を交わした折にいただいたウチワが今も残っています。


なんの脈絡もなく記された おつきあい の文字がなんとも印象的です。そして、この おつきあい というキャッチを社内で最も具現化しているのが、ほかならぬ邦丸さんかもしれません。

ラジオのチカラとはすごいもので、今回のオンエアはほとんど誰にも知らせていなかったのですが放送終了後からさまざまな人たちから「ラジオ、聴いたよ」という反応がありました。ちなみに、本日のオンエアされた音源はそのままわが家にも残っています。もしよろしかったら、わが家にて聴いてみてくださいませ。また、「くにまるジャパン」番組ホームページからも、今回の「ジャパン探訪・鎌倉編」の様子がご覧いただけます。。「プチ旅気分」でお楽しみいただければ幸いです。

そしてあらためまして…。機会をみて、このブログにて「ワタシの邦丸論」を展開してみたいとも思っています。その折には、どうぞ心より おつきあい くださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さんぽ市」おもしろ人間備忘録、そしてワタシの「夏本番」!?

2014-08-11 08:56:04 | 日記
今からほんの一週間前「鎌倉佐助のさんぽ市」が開催されていた頃は、当地も真夏の日差しが容赦なく降り注ぎ、「さんぽ市」のスタンプラリーに駆け巡るチビッ子達も額に玉のような汗を浮かべていました。「さんぽ市」の賑わいの程をこの目で確かめようとプラリと市役所通りに歩を進めたところ、

ジイジイと響く蝉しぐれと灼熱の太陽にあおらて「とても さんぽ どころではないかも…」と、慌てて工房に逃げ帰ったこともありましたっけ。

ことほど左様に「この暑さはいつまで続くの!?」と困り顔になりつつも、季節は少しずつ移ろい、つい数日前の7日には二十四節気の十三番目、暦のうえでは秋を迎える「立秋」となりました。一般的に二十四節気の各節は季節の先取り感が強く、実際の気候とは一致しないことが常です。されどこの夏、当地に限っていえば「立秋」を境に朝夕に吹く風がグッと心地よくなってきたようにも感じます。

その一方、西日本に大きな被害を与えた台風もほぼ峠を越し、早くも「お盆」の帰省ラッシュ第一陣もぼちぼちスタートしたとか。大好きな「夏の甲子園」も、2日間の順延を経ていよいよ11日から開幕!。これからが「本当の夏」の始まり、です。

つきましては、過日の「さんぽ市」で出会った多くの愛すべき方々の中でも、ちょっぴり個性的な方々をそっとご紹介…。

「さんぽ市」ど真ん中の2日 土曜日、「ぴぴ☆しあたー」のお二人が趣向を凝らした人形を操って、各店舗の間を回ってくれました。題して「おさんぽマリオネット」…。こちらのキャラクターは「バケツロボ」くん。

チビッ子も興味津々です。実際に操らせてもらうと、これがけっこう「重たい!」のでした。

そして、こちらは「モフィー」ちゃん。

昨年の「さんぽ市」でも登場し、この界隈でその存在はつとに有名です。ちょっと遠目からみると、その動きはまさに犬そのもの。屋内施設等の通路で操っている時、「ここに犬を連れてきてはいけません」と注意されたことが何度もあるらしい、とか…。そのくらい、限りなく「ワンちゃん」しています。

そして、「さんぽ市」各店舗に「どうも、どうも…」といきなり現れたこの武士は「いざ鎌倉プロジェクト」の代表・その名も鎌倉智士さん。

この深紅の甲冑はすべて、自作なのだとか。

「さんぽ市」終了翌日、偶然にも市内のドラッグストアの駐車場を闊歩する鎌倉さんの姿を見うけました。ごく普通な感じで練り歩く武士、そして、その姿になんの疑念も持たない周囲の人たち…。奥が深いというか、底が抜けちゃってるというか、ワタシも含めて、この街の人々、なんか変かも…。もし東京だったら、赤い甲冑姿に大騒ぎ!は確実です。

ワタシが暮らすこの佐助という地にはいろいろと個性的な職業の方々が住んでいますが、「さんぽ市」というイベントともなると、さらにさまざまな人が集まってきます。

写真左の青年は 鎌倉市ご当地芸人リリィとして活動しているお笑いコンビの一人・野々垣くん。この「さんぽ市」で知り合ったのですが、気がついたらウチの工房で地元マスコミさんと打ち合わせすることになりました。そして、写真中央は、地元選出国会議員、そして「みんなの党代表」でもある浅尾慶一郎さん。


佐助に出向いた浅尾さんが待ち合わせの場として指定されたのが、なんとウチの工房だったとか。ウチの工房の近くの小路で偶然にもその姿を見つけ、「浅尾さん」と声をかけてウチのリビングへ。そして、国政から始まって、この街の現状まで、「さんぽ市」最中にもかかわらず、お昼ご飯をともにしながらたっぷりと話し合う機会を得ることができました。それもこれも「さんぽ市」なればこそ…!?。
それにしても、ワタシの髪の毛、汗と暑さでヘロヘロです…、我ながら、見るに堪えません。

そして、こちらは「番外編」。2日の土曜日夕刻、地元・佐助自治会こども会主催「セミの羽化観察in佐助」が開催されました。


約1時間の講習の後、チビッ子達とともにご近所のお宅の庭でセミの羽化をじっくりと観察することに。途中、持参したデジカメのバッテリーが不覚にも切れて、羽化の画像撮影は1枚も撮れず…。

後日、こども会のお母さんからA4版5枚の詳しい資料をいただきました。

その資料によると、アブラゼミが羽化して羽根を広げたのが午後9時27雰。そして羽根が完全にアブラゼミの茶色いいろに染まったのが日付けをまたいで午前3時10分。羽化からじつに6時間ほど経過しています。この資料、もはや こども向けの領域をはるかに超えています。まさに「オトナの、オトナによる、オトナの為の」セミの羽化観察…といった感があります。佐助の子供はつくづく、幸せです…。

「さんぽ市」の頃からでしょうか、午後の工房のかなり奥のほうまで日差しが差し込むようになってきました。季節は、確実に夏から秋へ。されど、2日間の順延を経て今日から、大好きな「夏の甲子園」が開幕します。ワタシにとって、この「夏の甲子園」こそが 夏本番。

まだまだ夏は終わりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鎌倉 佐助のさんぽ市」、今年もありがとうございました!

2014-08-04 22:58:45 | 鎌倉佐助のさんぽ市


漏れ伝え聞くところによれば、テレビや雑誌媒体において「鎌倉」を特集する企画を組めば、視聴率や購買部数が伸びるとか。さりとてその場合、市内の取り上げられる地域といえば、小町通りや長谷の街、海岸や鎌倉山と北鎌の自然、そしてあまたある名刹の数々…といった感じで、ワタシが棲息する佐助の地にスポットが当たったことはありません。というか、おそらく今後も無いでしょう。

何事にも肩肘張らず、ゆったりと自由に日々を営む気風いっぱいの佐助の地がほんの少しだけ華やぎ感に包まれる真夏のイベント「鎌倉 佐助のさんぽ市」が、今年も多くの方々のご協力のもと、無事にその幕を閉じることができました。「さんぽ市」出店店舗の一員として、あらためて御礼申しあげます。

前回のブログにて佐助1丁目地域で営業している「さんぽ市」出店店舗の写真をアップしましたが、今回は佐助2丁目の店舗風景のご紹介から。

                        佐助稲荷神社さん                         銭洗弁財天さん


                           弁天茶屋さん                          七福茶屋さん


                       HAND&SOUL さん                            吉祥庵さん


                            花楽房さん           「さんぽ市」特設紹介所!?(ここは1丁目)

葉月8月皮切りの3日間、最高気温35度とも36度とも伝えられた猛暑の中、とにもかくにも盛況のうちに「さんぽ市」を終えることが出来た満足感とともに久しぶりにちょこっと街場へ足を運んでみると

駅西口から南へ延びる御成通りでは「御成ぼんぼり祭り」が、まさに「今たけなわ」の風情です。

佐助は「さんぽ」 御成は「祭り」で 徒然なるまま夏景色…

「ぼんぼり祭り」の御成界隈をそぞろ歩きしたい衝動をグッと抑えて、わが「さんぽ市」の打ち上げに「いざ!」とリキんでみたものの、開始時間に間に合わず、「さんぽ市」のお店仲間さんに「遅れてごめんなさい」と連呼の態。まったくもって、最後の最後までビシっと決めることが出来ません。我ながら、いつもながら、困ったものです…。

「さんぽ市」のお店仲間さんとともに「アナタとワタシのさんぽ市」を語りながらビールを交わし交わされつつ、ふと気がつくと、このような一升瓶が…。

「さんぽ市実行委員会」連絡先、そして今回の打ち上げ会場ともなっている「甘味処こまめ」さんによれば、「さんぽ市終了後、佐助稲荷さんが『お世話になりました』と言って、わざわざお持ちいただいたお酒」なのだとか。

「飲んでしまっても良いのでしょうか?」と言問われても、霊験あらたか過ぎて「ク~っ」と飲るわけにはいきません。まずは「甘味処こまめ」さんで丁重にお預かりして戴くことに。それにつけても「有難み」いっぱいの筆遣いに、しばし、目がクギ付けになってしまいました…。

ともあれ、こんな感じで

何度も何度も「さんぽ市宴会部長」うな豊の若大将・小菅さんの号令のもと、「乾杯!」を重ねて。

「さんぽ市」の打ち上げを終え、名残り惜しそうに家路に向かうお店仲間の後ろ姿は揃いも揃って
「鎌倉 佐助の千鳥足!」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉の夏の定番!? 「佐助のさんぽ市」へようこそ!

2014-08-01 21:30:59 | 鎌倉佐助のさんぽ市

朝から真夏の太陽がじりじりと照りつけ、ウチから徒歩で1分ほどの表通りまで歩を進めただけでアタマがクラクラ模様の葉月8月始めの金曜日。今年も地元・佐助ケ谷を舞台に「鎌倉佐助のさんぽ市」が開幕しました。夏空のもと、「さんぽ市」のチラシを手にお店を廻ったりする散策の方々やスタンプラリーに駆け巡るチビッ子たちの楽しそうな笑顔が街中にあふれていました。

紺地に白い文字で「鎌倉佐助のさんぽ市」と染め抜かれたノボリも、年に一度の「晴れ舞台」よろしく、浜辺からの南風に吹かれてそよそよとなびいていました。


                         Outside inさん                            福来鳥さん


                       甘味処こまめ さん                       ブンブン紅茶店さん

                                                      サスケストアさん                                                     うな豊さん

                                               cafe cococaraさん                                                 Fe★NEEDSさん                         


     鎌倉児童ホームさん カマクラフォトグラフィさん                      有風亭飛車 清水さん

「さんぽ市」スタンプラリーに際しまして、参加店舗のおもな景品のラインアップはご覧のとおり。

この他にもたくさんの景品を揃えてお待ちしています。スタンプラリーに振るってトライしてみてくださいませ。

そして「さんぽ市」初日の本日、ウチの工房の最初のお客さんはご近所のかわいいアイちゃんとお母さん。

今から5年前に「さんぽ市」がスタートした時、アイちゃんはまだこの世に生まれてきていませでした。そして今は幼稚園の年少さん。そこはかとなく、「さんぽ市」の歴史? も感じられます。

ウチの工房も例年どおり、陶芸皿絵付けや陶芸体験を特別価格でご提供。

明日、そして明後日…、「佐助 de アートなさんぽ道」をたどってみてはいかがですか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加