鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

笹目二朗氏とルノー・メガーヌの「北極圏」に寄せて

2011-10-14 20:08:47 | メガーヌ
去る10月11日にこのブログにアップしたとおり、「ブンブン紅茶店」のオーナーマスター・小木曽さんに誘われて、クラシックカーのイヴェント「La Festa Autunno 2011」の走行中継拠点である大磯プリンスホテルへ行ってきました。

その日の午後、ウチに来たお客さまと打ち合わせかたがた「ブンブン」さんを来店した帰りがけ、小木曽さんから「これ、読んでみてください」と一冊の文庫本を手渡されました。


写真を見れば一目瞭然なのですがタイトルは「北極圏の夏を走る」。サブタイトルは「スカンジナビアのクルマ旅」。著者の笹目二朗氏はヨーロッパ車、特にフランス車に造詣が深い自動車評論家。

氏は日産自動車を経て「CAR GRAPHIC」編集部、その後はフリーの自動車評論家として第一線で活動し続けています。

しかしながらお恥かしいことに、私は氏のことをほとんど知らずにいました。私は「CAR GRPHIC」よりも「オートメカニック」や「モーターファン」という、よりベタな自動車雑誌を好んで読んでいたためでしょう。

そんなことはさておき小木曽さんは、かねてより笹目氏とクルマを通してとても親しい関係であること、さらに私がルノー・メガーヌに乗っていることから「北極圏の夏を走る」を紹介してくれたのか、と・・。

この本は、笹目氏が奥様とともに地球の北の果て・スカンジナビアのノールカップにてミッドナイトサンを経験すべく、ルノー・メガーヌを駆って北極圏を走行した23日間・全1万1590キロの旅の様子をしたためた、全編にしっとり感漂う一冊です。

さらに掲載されている写真の一点一点すべてが一遍の詩のように美しく。この写真を見ているだけでも、旅の全容が伝わってくるようです。

全編を通じての北欧紀行とは別の観点で、13~15ページ目に書かれている「シートに関しては、フランス車のシートにして、ルノーのシートにして、なぜこうなってしまったのだろうか、旧型のオーナーでもあった身には信じがたいことだ。・・・」というクダリには、「えっ?」という思いと「やはりそうか」という感覚が入り混じってアタマが「ガーン」・・。このクダリを読んだ瞬間から、早や、すっかり「笹目ファン」になってしまっている自分がいました。

なぜなら、毎日ルノーに乗っている経験から、「巷ではルノーのシートの評判がとても良い、いや良すぎるのでは?」とかねがね思っていたからです。つたない私感では、かつて乗っていたベンツ190E、あの「小ベンツ」のシートがジャストフィットでした。東京から大阪まで東名・名神をノンストップで走っても腰にノンストレスなシートが懐かしい・・。

ともあれ、笹目二朗氏。これからおおいにウォッチします。

さてさて本日、「ブンブン」さんにお立ち寄りした際、小木曽さんからこんなものをいただきました。

先日の「La Festa」のステッカーです。鼻歌まじりに「どこに貼ろうかな」などと、メガーヌのボディやウインドゥにステッカーの位置決めしているサマは、まるで小学生みたいだったことでしょう。いつまでたっても成長がみられません・・。

さっそく、ひそかに携帯の裏側に「La Festa」の小さなシールを貼ってしまいました・・。

うーん、シールの色合いはイタ車的でした・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メガーヌのヘッドレスト

2011-07-29 21:19:40 | メガーヌ

ウチのメガーヌの後席ですが、シートは革張りでヘッドレストは布(ベロアというのでしょうか。よくわかりません)ということで、見るからに変です。
そのココロは・・。今から約2年半ほど前にこの地に越してきた時のドサクサの折、なんと不覚にも革張りの後席ヘッドレストをしまい込んだビニール袋を間違えてゴミ出ししてしまいました。あたた・・、ショック!
大慌てでルノー厚木インター店のM氏に連絡し、価格や在庫状態を問い合わせました。約一ヵ月後、M氏から、とっても申し訳そうな電話が・・。
「あのう、在庫が入ってこないというか・・。いいえ、その。価格がなんと一個14万円もするみたいで・・」とのことでした。
実のところ、自分なりに価格を調べていたので、「ああ、やっぱりその値段か・・」と、受け止める余裕はありました。
それにしても、「一個14万円・・」と告げる時の、M氏の心苦しそうな声。
Mさん、あの時はお気遣いありがとうございました。
M氏に対してますます信頼が増したひとコマでもありました。
このヘッドレストの物語はまだまだ続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが家のメガーヌ、虚弱です:ヘッドライト編 (2)

2011-07-28 19:34:01 | メガーヌ

新車で購入してからほどなくヘッドライトの光軸がぶれるトラブルが発生したわが家のメガーヌ。納車してもらった都内のディーラーさんや神奈川県内のルノーさんに持ち込んで症状を説明しても、「はあ?」という反応で、クルマに関する「言語」が通じない感じです。
困り果てた末、フランス車に特化した都内のショップに相談したところ、とても親切に対応してくれたうえに、「ルノー厚木インター店さんなら、しっかり診てくれますよ」とのアドバイスをいただきました。
そのお言葉に従って「ルノー厚木インター店」に向かい、セールスのMさん、メカニックのTさんに応対してもらいましたが、まさにジャストフィットな診断の末、ほどなくヘッドライトのトラブルが解消しました。新車での納車以来、約2年。「ルノー厚木インター店」までの道のりはなかなか長いものがありました。
クルマに関する言語の通じる「ルノー厚木インター店」のMさん、Tさん、これからもよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが家のメガーヌ、虚弱です:ヘッドライト編

2011-07-17 19:35:50 | メガーヌ

親戚やご近所の方々から「メガネ」と呼ばれているわが家のメガーヌワゴン。私自身の感覚ではやさしすぎず、
厳しすぎず、ほどほどのドライビングとメンテナンスをしているつもりではあります。
されど、まっこと、よくまあ故障してくれます。メガーヌのサイト「メガニスト・ジャポン」にアップされているメカニカ
ル・トラブルはほぼ体験しているといってもよいでしょう。
特にヘッドライトに関しては光軸のぶれが発生し、1年半くらいの間に右側1回、左側は2回も、ともにレンズ部
分を含めてアセンブリー交換しました。
交換に至るまで、都内や神奈川県内のいろいろなルノー・ディーラーさんを廻りましたが、その過程でいろいろな
ことを体験しました。
その話は追ってまた・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちのメガーヌ

2011-07-15 20:25:04 | メガーヌ

この写真は2年ほど前の写真です。ウチと友人宅のルノー・メガーヌワゴンのランデヴー写真です。
今から約5年前、この親友夫妻と旅行に行くことになった際、彼らはこのメガーヌに乗って颯爽とやって来ました。
ウチの妻はこのメガーヌワゴンを見た瞬間、「このクルマにしよう!」。
これまでかれこれ、国産のスポーツタイプ系や西ドイツ系のクルマを乗り継いできた私としては「ル、ルノー。フ、
フランス車・・。考えたことなかったよう・・」と言ってみたものの、妻の言うことには逆らえません。それから約2ヵ
月後、運命に導かれるように、友人宅とまったく同じ仕様のメガーヌワゴンがやって来ました。
そして今、約4年半の間に約8万キロをともにしてみてのメガーヌ感は、まさに「フランス車はなんだか変、でも楽
しい」。ホント、よくまあ故障してくれるのですが、何故かその故障さえ許してしまう?、楽しめる?
トラブルが起きても楽しめるのは、ひとえにルノー・メガーヌのエンスーサイト「メガニスト」のおかげです。
ありがとう、「メガニスト」!
この先、いつまでこの「ワゴーヌ」に乗るのかな、乗っていたいな・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加