鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

F-1日本GP 開幕  「スズカ」に心躍る3日間。

2011-10-07 21:48:38 | F-1
いよいよ本日からF-1日本グランプリが始まりました。やっぱり、スズカがしっくり来ます。

今は昔、1990年代前半にセナ、プロスト、マンセルといったドライバー達がしのぎを削っていた頃、ほんとにみーんなが「F-1」「F-1」と沸き立っていました。確かにあの当時のレースは今よりも数段エキサイティングだったように思います。

しかし、子どもの頃からコソコソと「F-1」をウォッチしてきた私としては、あのセナ、プロ時代時代は「このにわか人気は何なの。フジテレビさん、あまりみんなをあおらないでよ・・」という思いの連続でした。

その後、セナのあまりに劇的な事故死をきっかけに、この国の「F-1]人気も急失速。あの当時、「F-1、F-1」と騒いでいた人たちはいったいどこへ行ってしまったのでしょう。ある面においてセナという偉大なレーサーの死後、「F-1」は再びごく限られた人たちの「大人のオモチャ」にたち戻ったのかもしれない、という感じがします。

まあ、自分勝手な分析はさておき、「スズカ」が始まりました。


初夏の「モナコ」をはじめとするヨーロッパのツアーと秋の「スズカ」は、本当に心が躍ります。

フジテレビNEXTさん、今宮さん、河合ちゃん、今年も「スズカ」よろしくお願いします。しっかり観ますから。

追伸 ホンダが、そしてトヨタが出ていれば・・。だって、日本人ですもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加