雨あがりのペイブメント

雨あがりのペイブメントに映る景色が好きです。四季折々に感じたことを、ジャンルにとらわれずに記録します。

ひととき 「ポール、ありがとう」

2017-05-18 08:43:06 | つれづれに……(心もよう)

「ポール、ありがとう」
     朝日新聞2017.4.16 ひととき欄から転載(ほぼ全文)

 昨年12月に母を亡くし、心の整理がなかなかつかない中、友達が4月末のポール・マッカートニーのコンサートに誘ってくれた。
 節約のため二段ベッドの相部屋形式のホテルをとったが、行く直前になって、引っ込み思案の上に介護生活で引きこもりがちな日々を送っていた自分がそんな宿に泊まれるかしらと不安になった。
 でも、杞憂(きゆう)だった。朝食のとき近くのテーブルにいた同室の若い女性に話しかけると、就活中とのこと。「がんばってね」と言いながら、ポールのコンサートに行ったことを話すと「私も昨日行きました!」と言うので驚いた。中2の時に「レット・イット・ビー」を聴いてビートルズを好きになったそうだが、私もだ。30歳以上の年齢差を瞬時に越え、話は尽きない。
 こんなに楽しくビートルズの話をしたことは初めてかもしれない。そして、未来に向けて羽ばたこうとしている彼女のすがすがしさは、私に未来に向かう力をくれたように思う。すてきな出会いをもたらしてくれたポールと、誘ってくれた友達に心から感謝したい。
    
(浜松市 秋山敦子 自営業 57歳)

  「歌は世につれ、世は歌につれ」といいます。
 私たちは、思い出や心の有り様を歌に託して、口ずさむことがあります。

 歌はしぼんだ心を元気にしたり、懐かしい思い出を運んできてくれます。
 同窓会で校歌を歌い、高校三年生を歌い、星影のワルツを肩を組んでうたう。

 そこに共通の思い出や、体験があり、集まった同士が歌を媒体として結ばれていく。
 歌にはそんな効果もあるようです。

 特定歌手が好き、俳優が好きというのも、こうした範ちゅうに入るのでしょうね。
 コンサートにいき、ペンライトを振りながら、うっとりと至福の時を過ごす。

 「杉さま」というファン心理もまた理解できます。
 大勢の同好の士が集まり、
 共通の「あこがれの人」に向かって、心躍らせ、目を潤ませる。
 なんと幸せなひとときを過ごすことができるのか。

 交通費を節約し、宿代を節約し、スーパーの安売り目指してスーパー行脚までして
 コンサートのために節約をする。
 数時間の至福の時を手に入れるために。


 以下はひさへさんのブログから拝借した、本人直筆の絵です。
ポール・マッカートニーが好きで好きでたまらないとひさへさんは、1時間以上もかけて
ビートルズ弁当なるものまで作ってくしまうほどの、永遠の27歳。

だから、やっぱり!
 大好きが止まらないの!

 そのユニークさがとても面白い。
 これ、焼きのりをカッターナイフでくりぬいた、のり弁ですよ。
 今なおビートルズは、彼女を幸せにしているのです。
 (画像の掲載をこころよく承知してくれたひさへさんに感謝です)
  
shonanyuzurihaの「友だち」さんのブログは、何時も音楽の話。
音楽に対する造詣も深く、カラオケも大好き。
「人生は歌」というほど、毎日のブログが歌の記事で構成されている。

 冒頭に紹介した記事も、ポールがいたから素敵な出会いを経験することができたと、
 その時の感動を素直に綴っている。
 また、コンサートに誘ってくれた友人に感謝の言葉を述べ

 「ポール、ありがとう」
 あなたのおかげよと、ポールへの熱い思いを綴っている。

 歌っていいですね。
 音楽っていいですね。

 最後に、私の好きな歌をあげます。
 「北帰行」
 「サーカスの歌」 
 「昴」
   私は、そうです。
 さすらい人、流れ者、大河を流れる病葉、
 なんていうイメージから今も脱却することができない
 少年です。

 (つれづれに……心もよう №60)         (2017.5.17記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本清張の『誤差』 原作か... | トップ | 歌手を目指していた 歌は悲... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感涙・・・。 (ひさへ)
2017-05-18 10:24:38
雨上がりのペイブメントさん、本当に歌とか音楽って良いですよね。
共通の思い出や体験がある。
本当にそうだと思います。

私の事も、永遠の27歳と紹介して頂き、感激です(←そこかい!)
そう、ビートルズやポールはいつも私を幸せにしてくれます。
雨上がりのペイブメントさん、こんなステキなエピソードの記事に私も参加出来てうれしいです。
ありがとうございます!!
私のブログでも早速紹介させて頂きます!!
望外…。 (雨あがりのペイブメント)
2017-05-18 16:28:59
 感涙…。
だったのですね。

私は、望外の喜びです。
どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

 今回は、ひさへさんの「ポール・マッカートニー」関連ブログの画像の承諾を頂きありがとうございました。
有難う御座います。 (友だち)
2017-05-18 22:13:53
拙いブログなのに有難う御座います。
言葉をうめるのが下手なのでいつも短い文面で恐縮です。
なんと言葉を表して良いかズーット考えてました。
心から有難うという言葉しかいま浮かびません。
音楽が好きでこうしてブログのなかで
めぐりあえたことに感謝しております
有難う御座います。
こちらこそありがとうございます。 (雨あがりのペイブメント)
2017-05-19 08:28:35
 
「友だち」さんのブログは、いつもいつも、ほぼ100%
音楽のことで彩られていますね。
 歌に対する思いが、カラオケに繋がり、友達作りに発展し、やがてそのことが家庭の日常の小さな幸せにつながっていくのだなと、推測していました。

 「友だち」さんの歌に対する情熱は、どこから来るのか不思議に思うこともしばしばありました。また、音痴の私には、とてもうらやましい光景に思われるときもありました。
 
 その理由が「友だち」さんのブログを拝読し、とても良く理解できました。
 若い時の、「夢」と「挫折」と「悲しみ」が根底にあったことを知り、一生懸命生きてきた人の琴線に触れたような思いに心が震えました。

 つきましては、「友だち」さんの5/18付ブログのコメントの感動を皆さんに伝えたいと思いますがいかがでしょうか。

 
 
有難う御座います。 (友だち)
2017-05-19 10:25:11
歌を聴いて励まされやっと自分の人生が始まった気がしました。
嬉しい時も悲しい時も心がちょっと寂しくなった時も常に
歌がありました。
私よりもっともっと辛いめにあわれていらっしゃるかたも沢山いらっしゃると思います。
そこにそっと寄り添えるブログにしたいと始めました。
有難う御座います。
少しでもお役に立てれば嬉しいです
よろしくお願い致します。
さざ波のように (雨あがりのペイブメント)
2017-05-19 12:24:28
 こころよく受け入れていただきありがとうございます。

ひとり一人の思いがさざ波のように広がり、
ささやかな歌の心が、皆さんに伝わって行ったら
嬉しいですね。

 このコメントを書きながら、いま気づいたことがあります。
ブログ名の「友だち」の意味は、「歌で繋がれる人はみんな友達」という意味と「(私にとって)歌は友達」という深い二つの意味があったのですね。

 そしてさらに、yuzurihaというIDにも
「友だち」さんの思いがあったのですね。

 杠葉(ゆずりは)は常緑樹ですが、春の新緑のころ、
後から生まれてくる若い葉っぱたちのために、自分の葉を一枚一枚落としていく、そんな健気な思いが込められていたのですね。
 日本人っていいなー…。

 明朝8時半ごろにはアップしたいと思います。

コメントを投稿

つれづれに……(心もよう)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL