刺し子屋 ~トタコ~

運針で柄を作り出す日本に古くから伝わる技法刺し子
古くて新しい刺し子の魅力を紹介

下書きとは無心でするものなり

2016年12月22日 | 制作

今日は下書きの手順をご紹介します


まずは作りたいものの大きさ+縫い代を取って布を裁断します

これはコースター
コースターくらいの大きさだとそんなに違いは出ませんが
布が大きくて全面に刺し子をする場合(特に細かい柄)、
刺し子をする前と後では布が数ミリ~数センチ縮みますので
考慮に入れて裁断してください



型紙を布に固定します
型紙は、資料集の模様を作りたいものに縮尺を合わせてコピーして使っています
型紙を固定するのはセロハンテープでしています
文鎮などでももちろん大丈夫ですが、
途中で席をはずすと模様がずれたりするので、一気に下書きしてください
テープで留めてあれば、途中休憩もできます^^



布と型紙の間にチャコペーパーを入れて上からなぞります
なぞり用のペン型の道具も売っていますが
ボールペンで十分です
ボールペンだとどこまで下書きを写したか、分かりやすいのでオススメ



型紙をはずして、下書き完成です
型紙をはずす前に、全部写せているか、確認すること
薄かったり、写し忘れている線がないようにします



これで下書き終わりです
下書き、結構時間がかかります
刺し子で一番重要なのは下書きかもしれません
下書きが上手くできていないと、刺し子も上手くいかないので


早く下書き終わらせたいぞ~~~



刺し子の販売ページはこちらから


人気ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします


 1月9日   下館だるまいち

『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミシンがやってきたヤァヤァヤァ | トップ | 年末前にお買い物 パート1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。