さしこうスタッフブログ

さしこうスタッフが日替わりでお届けする日々のおはなし

手織り絨毯のクリーニング

2016年12月20日 | 本店

さしこうでは、先日ギャッベ展が終了しましたが、

よくメンテナンスについてのご質問いただきます。

 

 ・ 液体をこぼした場合はどうしたらいいの?

 ・ 犬や猫がいるんだけど大丈夫?

 ・ クリーニングはどうしたらいいの?

 

など、ギャッベはほかの絨毯に比べて、汚れにくい性質を持っていますが、

ギャッベを扱う上で、それぞれのご家庭の様々なお悩みがでてきます。

 

液体などをこぼした場合は、すぐに乾いたタオルで水気を吸い取って

いただければ大丈夫ですが、どうしても気になる場合や長年の汚れを

落としたい方のためにクリーニングもおススメしています。

 

先日、さしこうでいつもお世話になっている絨毯専門のクリーニング屋さんに

伺う機会がありましたので、洗いを見せていただきました。少しご紹介したいと思います。

 

まず、ギャッベは絶対に自分では洗わないで下さい。ギャッベはしっかりと厚みがあり、

踏み心地ふわふわなのですが、厚みがある分、非常に乾燥に時間がかかります。

水気を含んだままの状態は劣化のおそれがあります。しっかりと水気を取りのぞき、

素早く乾かすことがご家庭では難しいのです。

 

特にシルクの手織り絨毯をご自分で洗われて、カチカチになったとか

色落ちしてしまったとかよく耳にします。絶対に自分で洗わず、ご相談ください。

 

※画像はペルシャ絨毯の洗い

長年溜まった汚れを大量の水で、しっかりと洗い落します。

 

くわのような鉄のついた棒で、水と汚れを掻き出します。

 

しっかり汚れと水が切れるとこんなにもキレイになります!

 

そして、よく日の当たる場所で素早く、乾かします。

 

その他にも様々な工程がありますが、大きい流れはこのような感じです。

 

さしこうには、認定試験に合格した「絨毯アドバイザー」が5人在籍しています。

細かなことでも結構ですので、お気軽にお問合せください。

 

わたしたちの願いは、思いの詰まった絨毯を末永く使っていただくことです。

 

       マサ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんしょん? | トップ | 一年を振り返れば・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。