『佐世保 山の会』  “ 山を愛し 自然に親しみ 全てに感謝 ”

【天地自然の万法】を勉める山旅
佐世保山の会例会登山等の報告です。

朝の散歩 隠居岳

2017-04-18 | 長崎県の山
2019-04-18 久し振りに地元の山隠居岳を登って来ました
   隠居岳は佐世保の東側有田町側に位置し、烏帽子岳と連なり
   双方共に険しくは無く穏やかな山容をなし、優しく佐世保の市街地を包み込んでいます。

    里美運動広場横の駐車場に車を停め、静かな山間に響くウグイスの声を
    聞きながら出発した

        宇土越の登山口
      

        マムシクサさんがの歓迎です
      

        幾重にも積り重なった落葉絨毯の踏み心地を全身に感じて歩いています
        茶褐色の登山道を、落下したツバキの赤い花が彩を添え心を和ませます 
      

        木の幹にびっしり生ったキノコ「食用できるのかな?」
      

        此方は 槇の幼木 
         イノシシさんが深く掘り起こして根っ子を食べた跡です
      
      食後は埋め戻してくれないかな~?

        ワラビとツワブキ 春を感じます
      

        散策気味の登山道が一部分 大岩の間を通ります
      

       大岩を抜けると もう直ぐ山頂です
      


        春の草木を愛でつつゆっくりペースで出発から40分程で
        隠居岳山頂に登り上がった
      

       平日でのあるし当然ながら山頂には誰も居なく
        綺麗なノアザミさんが出迎えてくれました
      

        此方は沢山のキランソウさんです
      

       標識に向かって左に下れば【隠居岳ウォカーズパーク】
              右に下れば【烏帽子岳】に向かいます
      
        

        九州自然歩道の案内板が新しく架け替えられていますね
       

        足下に目を移せば、ツボスミレさんがあちら此方で咲いています
       

      山頂でお花さん達と戯れ又美味しい空気を一杯頂いたので、
       本日は此処までで折り返します。

       この木何の木、気になる木、名前も知らない木ですから
        名前も知らない~~花が咲くでしょう
      
       エゴノキでは無いし、ミツバウツギ?じゃ無いな 判んない

         ツバキの花が枝から落ちて、岩の上にチョコンとお座りしてます
      
         可愛い    「決してやらせではありません、自然の景色です」

        下山中に遠く八天岳を望む       
      
        

        登山道にゼンマイさんです
      
        皆さん踏まないでね  山菜として美味しいから採取されるかな?

         此れは ダラノメ
      

        御前ちゃんが手招きした おやおや出会えましたね 
      
         シュンランですね 此処で出会えるとは思わなかったよ

        此れは私が見つけた カンアオイ属
      

      
        貴女ともお久しぶりですね。 嬉しい気分です

        最後はギンギョソウです
      

        田おこしが始まった 山間の里美地区
      
        長閑な日本の原風景です


   地元の山で朝からお花さんに出会え、今日一日が倖せ気分で過せます

    隠居岳さん  ありがとう 又お世話になりますね。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がりの 花見 | トップ | 天山 春日和 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL