精華よもやま話   佐々木まさひこ議員のつぶやき

京都・精華町会議員佐々木まさひこのローカル日記

私の提案① 憲法70年、健康で文化的な生活をおくれる精華町に

2017年05月03日 20時06分43秒 | 佐々木の想い

今日は、日本国憲法が施行されて70年です。

福祉のまちづくりに全力をつくしてきた私としては、憲法25条にかかわって少し述べたいと思います。

ご存知の通り憲法25条では、

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と定めたうえで、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と続けています。

 ところが、現実はどうでしょうか。 

若い人は、労働法制の相次ぐ「規制緩和」により、不安定雇用や過労で、文化とふれる余裕が奪われています。 

そして、自営業・退職者や非正規雇用の皆さんが多く加入する医療保険である「国民健康保険」の保険税は周辺都市と比べても大変高く、その税負担が暮らしを圧迫しています。 

財源がないかといえば、実はこの国民健康保険税の会計は「黒字」であり、町の財政調整基金も11億円の黒字となっています。

 国や京都府、精華町など行政は福祉を増進する役目を果たすべく、こうした命にかかわる部分の負担軽減へもっと力をつくすべきだと考え、議会でも提案しています。

 40歳以上の方が支払う介護保険料の値下げと国民健康保険税の値下げ

 この二つを急いで実現したいと考えています。

 財源をお示しした通り、精華町単独でも、やろうと思ったらできます。

 子どもの医療費を中学校まで実質無料化を実現したように、この二つの課題も現実のものにしたいです。

 ぜひ、皆さんのご支援をお願いします。

そして、1人でも多くの方に、佐々木まさひこと日本共産党の支持の輪を広げていただければ幸いです。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月2日(火)のつぶやき その2 | トップ | 5月3日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL