ひげ爺のお産・子育てご意見番

子どもは育つ力を持って生まれてきますが
親に子育てする力が減っています。
親育て支援の中で感じたことを書いています。

連れ回しはやめて

2017年07月23日 | 子どもの成長

親の身勝手な行動で「我が子」を犠牲にしていませんか?

小さな子どもを、自分の「学び」「遊び」に連れ回していませんか?

同窓会、友人との親睦会、◎◎学習会、◎◎研究会、講演会、夜遅くの買い物、友達とランチなどに小さな子を連れて行く親がいますが、我が子のことを考えているのでしょうか?

連れ回される「子ども」が可哀想です。哀れです。

親の自己満足です。

 それらに参加することが、職業上の技術や知識の向上に役立つなら多少無理しても参加する意味があります。

しかし、赤ちゃんを連れて素人が参加しても犠牲の方が大きい。

長時間の移動は赤ちゃんにとっては、過酷である。

 学ぶなら、自宅で出来る範囲でやる。

 子育て中は、真剣に我が子と向きあわなければいけない。

子どもが成長してから必ず何かが起こるだろう。

後からでは取り返しがつかない。

 我が子を「欺して」連れ回さないで欲しい。

子どもは、家で生活するのが一番好きなのです。

子育て中は、焦らず我が子中心の生活をしてほしい。

我が子に心を置いて欲しい。

家族に心を置いて欲しい。

外に心が向いているのは、脳が「女性」だからです。

「母性脳」になってください。

我が子を「慈愛」の心で育てることができます。

 ただただ自分の事だけ。そしてこどもはほってるのに他人にはいい人ぶるのです。子育てしてるふりをするのです。偉いといわれたいようなのです。全ては自分のため。

我が子が望んでいないにの連れ回すのはやめてほしい。
我が子のために。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子に依存 | トップ | 我が子のメッセージ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子どもの成長」カテゴリの最新記事