美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

勝手生えの木々

2017年05月17日 | 日記
我が家の周辺は山に囲まれている。植えたはずのない山桜や栗、栃の木が勝手に生える。数センチ程度の低木であれば問題ないが畑に生えた山桜、栗の木は大きくなってきた。時々畑の近くまで来る夫は「なんぜ、畑のふちに木を植えるんや」という。「勝手に生えたのや」夫は「切らなあかんなあ」というが、なかなか切ってくれない。夫の留守の間に夫が大事に使っているのこぎりを持ってきて切った。畑のふちで」大きくなると猿がその木を伝って畑に入るので切った方がいいのだ。それから10数年前に植えたさくらんぼの木もついでに伐採した。この木は幹も相当太くなっている。花は咲くのだが、実が結実する前に毎年霜のあたり枯れ木のようになる。もうここが限界かと思った。この地域は本当に果実が育たない。ブルベリーがやっと根付いたが雪の多い年は枝ごと折れる。柚子は凍死することもある。40年近く住んでやっと理解できるようになった。その土地に合った物しか育たないことが。

結局、山椒、蕗などがこの地には合うのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 路地いちご | トップ | 山ウドを摘む »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。