うたうたう

ボイストレーナーぺさんによる
『成功するボイトレ、失敗するボイトレ!!』のブログです!!

フレデリックフースラー うたうこと 唇

2017-06-21 22:47:14 | 日記



唇の形について



歌うときには、微笑むような口の形、微笑しているような唇の形をする、口角を上げる、ということは、推奨すべきやり方ですし、時には必要なことだと思います!


しかし、それは何を目的としているのか!?を考える必要があると思います。



声を出すさい、声門を力を入れて閉じようとする(声門閉鎖)と、反射的に唇は横に引っ張られ、伸びる。つまり、微笑の形となる。


声門閉鎖によって、声は歯に当たり、前方へと向かい、開いた特性を持つ(アンザッツ1またはアンザッツ2の声質)


その反射的に動く唇の運動は、声門閉鎖に付随され動いており、その『声門閉鎖』による『微笑』という随伴現象を、逆から練習することにより、同じ目的としている効果が得られるというものである。


ただし、それは間接的な方法であるために、とにかく微笑すればよい、というわけではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレデリックフースラー う... | トップ | フレデリックフースラー う... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。