うたうたう

ボイストレーナーぺさんによる
『成功するボイトレ、失敗するボイトレ!!』のブログです!!

フレデリックフースラー うたうこと 腹式呼吸とプラーナと。

2017-06-14 22:35:17 | 日記



歌による腹式呼吸が言われ始めたのが、1855年(生理学者マンデルの医学雑誌に発表した論文から)と、歴史は浅く、どんな呼吸型が根本的に正しく、どんなのが誤りであるということに関してはいまだに意見が一致していないということからも腹式呼吸法が歌には必要ないということを物語っている。



17世紀の素晴らしい歌手たちは、腹式呼吸という型の訓練などはしていなかったのです!!




もし、呼吸法に興味があるのならば、ヨーガのプラーナヤーマがいいのではないでしょうか!?


(プラーナヤーマ)

プラーナとは、生命、息、呼吸
アーヤーマとは、休止、静止、コントロール
それが合わさってプラーナヤーマ、生命のエネルギーをコントロールする調気法、呼吸法という意味になり、呼吸によってエネルギーを身体中に行き渡らせるということを目的とします。



これらの呼吸法が、お腹を出したり引っ込めたりの機械的に取り扱われるものではないということは、いうまでもないでしょう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレデリックフースラー う... | トップ | フレデリックフースラー う... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。