団地夫婦の日々

常盤平団地の52年、団地内散歩で気付いた事を時々に

飲みやすい薬

2017-01-30 20:29:27 | 夫婦
夕方みのり台エマオ耳鼻咽喉科医院へ、耳の治療1週間分の薬を貰って(貰うたって買う訳470円)来る、毎食後、水に溶かして飲む、とても甘くて飲みやすい、3週間続けて毎食後1包づつ服用しているのだが、どうゆう訳か1週目で3包程残ってしまった、どうも飲んでも飲まなくても余り効果が解らんのだから、つい食後飲み忘れて仕舞うのだ、土曜日に薬を貰って1週間で3包残って次に行ったのは先週の月曜日、エマオ先生からやんわり「暫らく通ってくださいね」隣接のヒカリ薬局の若い調剤士?からも「先週と同じ薬1週間分出てます、吞み続けて下さいね」素直に「ハイ解りました」
夕飯貰い物の缶ビールと昼間カスミスーパーで3割引き鳥手羽中を見つけてゲット、妻が「明日お父さんいないでしょ、今日焼いて食べるしかないよ」昨日サイゼリアで鳥手羽先のおつまみ揚げ(これは庶民の味、絶品289円)妻は鳥のグリル(グリルって何だ?イタリヤ語?)を戴いて、連日の鳥料理(又も写真無し)酉年1月30日鳥の食い納めになってしまった。食後のヨーグルトを戴いてTVのニュース等見ていたら・・妻が「お父さん薬飲んだ?」・・「えーと?・・飲んで無い・・」「又忘れてる、駄目ね」辛うじて切り返す私「ハイハイクスリクスリ、先生が二人いる、一人はエマオ先生、もう一人はテルミ先生」因みに妻の名は輝美なのである。
21袋、カルピスより甘い粉末薬、ホントに効いているのかな~?、そして奥にいるのが妻、視線は薬と私の両睨み、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高田馬場の思い出4守屋魚店... | トップ | とうとう蜜柑がポンカンに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夫婦」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。