団地夫婦の日々

常盤平団地の52年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の52年54 喝勝って乍ら13連敗の総括

2017-06-10 13:09:14 | 日記

監督コーチ陣、「選手は一生懸命頑張ってくれてる」は新聞記事、「チームの連敗は監督の責任、全部自分が悪い、だから思い切りプレーしてくれ」と言ったのだろうか、監督とコーチが若い者同士の為ベンチ内でコーチといつも相談しながら試合を眺めてる感じ、自ら「引っ張って行く」では無い、コーチ陣に一人で良い、経験豊かな参謀格の経験者が居たら、毎試合敗戦後の選手達とも、次の試合への心構えが変わったのではないかと思うが・・

ベテランと若手、連敗中ベテランは皆顔が引きつって、言い方は悪いが仏頂面でむくんで老い込んでいる感じ、若手もこれに引き摺られて若さが、覇気が、そして元気が無くなってしまっていた、

先発投手陣、3連戦の初戦、一人エース投手が投げると後の投手が皆見劣りしてしまう、相手はエースさえ打ち込めば後はもっと楽に攻略できると、エースが打たれて、救援陣が崩壊ついに連敗が止められなくなった。

中継ぎ投手陣、陣と言える陣容では無い、ここでもベテランがいなかった、四死球が特に悪い、キチンと1~2回走者を出さない事が大事、試合の流れが読めてない、だから止められない、順番だから起用する?中継ぎ投手が何人もいるのに代わり映えしなかったのは何故か、

捕手陣、打てない捕手が正捕手の悲劇が13連敗と言えなくもない、代わりの捕手にしてもせめて2割3分の打率は、それにチャンスでヒットの希望の持てる捕手が、バントが出来ると言っても何時もバントで良い場面なんか無い、非力とは肩の強さと関係無いのか、時折高めの球をライト側にヒットする、昔先輩に千葉茂という右打ちの名人がいた、阪神の選手はバットを短く持って、本塁打は年間通してでも1本も無い毎シーズン3割打者、何れも捕手ではないのだが、毎日マスクを被るのだから、打撃にもっと工夫が有っても?それで打撃が向上すれば、投手にも信頼され、自分にも自信がつくと思うが、「打てないけど、リードが良い」ではジャイアンツの正捕手とは言えないのではないか、捕手としての大先輩が今自分の打撃で悩んでいる現状、早く打撃を含めてジャイアンツ正捕手の地位を不動の物にして欲しい、コーチにも責任が、バッテリーコーチじゃ無いのか、投手コーチと、捕手コーチといるのか?

13連敗もしたのだから原因は未だ未だ有るのかも知れない、フロントはオフで適材適所の補強を誤った、故障選手を含めて誤ったとは言えないか

兎も角、昨日で連敗は終わった、それでもプレッシャーの無い強気を前面に押し出す外国人助っ人投手のお蔭の1勝と考えれば、今後の試合は連敗中と何等変わらない陣容なのである。昨日のが選手の気分転換にはなった筈、と思いたいが・・・新生、再生ジャイアンツ、溌溂したプレーを期待する1フアンです。

 

 

 

 

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常盤平団地の52年53 G... | トップ | 常盤平団地の52年55 団... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。