愛色森宇宙

古里の愛色とある森宇宙を詩で綴ります

残照 あした土手

2017-07-16 21:00:51 | さみしさBOX
徳島市論田土手より津田山


                「残照」


赤黒く錆びたレール一本

錆びポロポロと剥がれ落ちる

紫色の残照に溶かされ削がれ

最後に地表に忘れてしまう


オレンジ色の残照に包容された頃

赤銅色にテカっていたレール

あの頃積まれた土手砂岩は崩れそう

あの日 オレンジ残照に背中を見せた少年は今 明日へスローに歩いていたい


日々 鋭さをます紫色の残照に

錆びてしまう最終を定めだろう


あした土手の赤銅色残照に映える

残骸でも あした土手にあろう

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文明排水口 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL