地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

秋苗作り

2011-11-29 04:17:36 | 自給




秋の苗は、タマネギの植え付けが終わって、エンドウ、ソラマメ、キャベツが苗箱にある。豆類は簡単だ。種に養分があるから、芽さえ出ればそれなりの苗にはなる。もちろん直播でも問題は無いのだが、ギリギリまで畑を寝かせたい。鶏糞堆肥を入れて耕して、時間をおきたい。前作を片づけるのがいつも遅れる。今回はトウモロコシを粘っていて諦めきれなかった。穂は出ていた。暖かい秋だから何とかなるかと思ったのだが、ついに実まではいかなかった。3週間前に漉きこんだが、随分の草量である。せめて緑肥になってくれれば。これを刈り払ってから、すきこむ前に鶏糞堆肥とソバカスを蒔いてある。これでよく耕して、できるだけ時間をおきたい。そうして苗を植え付ける前にもう一度耕す方針である。苗の方がスタートが早い分雑草が相当に減る。その時間稼ぎ為には、直播でなく苗作りが必要になる。自給農業では、細々長くが良い。終わりかかったトマトやナスが少しでも取れる位が、丁度良く11月まで食べると言うのがふつうである。

苗は、苗箱に蒔く。別段難しいことはしない。セルトレーなどに作るより、水やりが簡単である。良い苗作りは水やりが肝心。大切にして水のやり過ぎ、厳しく育てた方がと水を辛くしすぎる。気分しだいの、大雑把な栽培が一番良くないことになる。そこで、苗箱なら土が一体化しているから、水が適度に抜けるし滞留しない。大雑把が緩和される。これは大豆の苗作りで分かったことだ。苗トレ―で作ると失敗が少ない。水遣りを忘れても、すぐには乾かない。雨が降った時はどんどん雨に濡らす。雨には溶存酸素があるから、根ぐされは無い。土は、山土と落ち葉堆肥を混ぜたものである。山土は稲の苗土を振るった時の荒い方の残りで、酸性度は高い。落ち葉堆肥は踏み込み温床を作った時の底の方から順次出す。アルカリ度がある。これを良く混合して苗土にする。種を蒔いた後は、肥料分のない、草の種もない土を上から覆う。だいたいの場合は、種の大きさの3倍の深さ。と言ってももう少し浅いかもしれない。

ホウレンソウや長ネギは畑に直に蒔いた。小松菜はハウスと畑の両方にある。正月には小松菜はかならず欲しい。雑煮にはないと落ち着かない。冬の葉物は寒じめと言って甘みが増しておいしい。生育には時間がかかるが、虫も雑草少なくタイミングさえうまく行けば楽である。ニンジンはプランターで試してみている。いつも結局は草に紛れてダメになる。今蒔けば春野菜のない頃に出来るそうだ。なんくる農園のブログに出ていた。ニンジンほど有機栽培の特徴が出る野菜はない。人参らしい香りがする。きんぴらや野菜天ぷらにしておいしいような、少しくせのあるニンジンこそニンジンである。そう言えばサトイモだけは今年も良くできた。いつもすごい出来の近所の畑が案外に今年は駄目だったようだが、不思議に我が家ではいい。唯一工夫と言えば、水が多くなる場所がサトイモの定位置である。山際の斜面下である。日当たりは良い。肥料とかはあまり関係が無いようだ。

今は野菜が取れ過ぎである。白菜、キャベツ、大根、はどこに出しても恥ずかしくないできである。夏から秋にかけての土の持って行き方が見えて来た気分である。漬物にする予定で作った根の深い大根は抜いてほした。引き抜けないので手間がかかった。たくあんに挑戦する。白菜はキムチと、塩漬けをやりたい。当然笹鶏の水炊きもやる。白菜も作り過ぎで、30個もあるから、頭を結わえて冬越しをさせたい。キャベツの方もいくらでもあるので順次食べている。どう食べてもおいしいので、何と言うか一日1個ぐらい食べてしまう。お好み焼きに入れて食べる。小麦の味が良いので、抜群の味になる。卵を入れて、それだけで日本一の味だと思っている。春キャベツの苗は、もう少ししたら、今度はポットに移す。大きくなればそのまま、畑に植え付けるつもりだ。植え付けたタマネギは根付いたものか立ち上がってきている。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政党政治の終焉 | トップ | 米のセシュウム、基準値を越える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。