地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

5月の農作業予定

2012-05-01 04:09:00 | 自給


写真は舟原田んぼです。田んぼの色の違いに注目。一番上は耕さずにソバカスを蒔いたもの。中段はソバカスを撒いて耕したもの。下段は何も蒔かずに奥の方にある、堆肥の山を撒く予定。

5月 35時間(予定)

5月は結構農作業の立て込む季節である。まずは例年お茶摘みである。今年は12日土曜日に予定をした。8日に放射能測定をするので、その結果で最終判断をする。去年のようにお茶にしてから飲んではいけないというのでは、あまりのことである。お茶の場合、飲む状態で10ベクレル以下なら良いということである。もちろんこれでいいかどうかは別にして、小田原で10ベクレルを越えたお茶が出れば、出荷停止ということになる。つまり、この一年何とか放射能を削減してきた努力が無駄になる。田中康介さんによると、お茶の生産農家の人のところでは、絶対に出ない努力をしたそうだ。何度も深く刈り込み、秋の段階で、相当低くなったそうだ。心配なのは、何もしないで出荷してくる農家の人が居た場合。そのお茶が越えてしまった場合とのこと。農の会では、削減努力は専業農家以上にしたつもりだ。そして測定もする。それが越えていた場合公表せざる得ない。これが迷惑をかける結果になった場合どうしたらいいのだろうか。

野菜苗は、割合と好調である。情けない事だが、今まで踏み込み温床を使って失敗していたということが分かった。今年は落ち葉を集めたくなかったので、温床を作らずハウスの中で麻布をかけ、ラブシートをかけて苗作りをした。これが意外に好調で、早く巻いた割には生育は遅いが、充分の苗の量になった。5月は良いタイミングで、植え付けである。トオモロコシや、トマトは早いものは畑に抵触した。種を購入すると一袋で沢山ありすぎて、無駄にする。島村インゲンなど、52粒も入っていた。もう一袋のさくさく王子は30粒である。かぼちゃなど自家採取で1個から100以上採れてしまう。全部苗にしたら大変なことになる。無駄にするのが嫌で、冷蔵庫に取って置くので混乱する。今年は色々全部種を蒔いてしまった。余り苗は生ごみクラブのサロンで配ることにしている。先日も枝豆とスナップエンドウの苗をお分けしたら喜ばれた。こちらも気分がいい。

今年は長年やってみようと考えていた袋づくりを、はいじめて試みている。ゴボウと山芋を袋で作った。収穫の穴を掘るのが大変ということで、袋づくりをしてみた。苗土が余ったので良い機会である。大きな袋4袋に詰めて、その2袋にヤマイモを3本と2本を植えた。ごぼうは二袋にたくさん種を蒔いた。芽がでたら、数を減らしてゆき、3本位づつ育てようと思う。ごぼうなど6本あれば食べきれない。夕顔が発芽が何時も悪いので、今年は工夫をして90%の発芽になった。種に傷を付け、水に2日間付けておき、種蒔き。今年楽しみにしているのが、マクワ瓜。子供のころからの好物である。スイカやメロンより好きだ。それが何時も上手には出来ない。去年、そらやさんに頂いて食べて美味しかった。「甜掉牙」作りやすいと聞いたので、今年は期待している。

田んぼの方は6月3日が欠ノ上の田植えである。その準備が5月27日のアラオコシから後半に始まる。苗の生育は今のところ順調だ。様々な苗の育て方を並行して比較している。セルトレーより簡単で良い苗を作りたい。苗には天候が良かった。苗土も良かったと言える。もう寒波が来るようなことはない。穴あきのトンネルで上手く行っているので、今年は10℃を割らなかったと言える。問題はいつシートを剥がすかである。子の神では透明のビニールで覆っているが、高温障害が心配である。パオパオのべたがけは結局一番無難だ。3年使ってもまだ使えそうである。この後、根が苗床に抜けるかが課題である。代かきをしないとそれは無理なのかもしれない。来年は代かき方式を考えたい。やり残している竹藪の片づけも少しやりたい。少しづつやる気が出てきている。やや回復傾向かもしれない。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピュリツァー賞、受賞のブログ | トップ | 大飯原発:説明会の意味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。