地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

8月の農作業

2012-08-01 04:02:26 | 自給
ことしも暑い夏である。大窪へゆく道の桑畑、延々と続いた草取り。まばゆい光と、土のにおい。あの桑畑も今はない。桑畑は御蚕さんに上げるために作っていた。広いお寺の部屋を3部屋ぶち抜いて、御蚕さんを飼い始める。大切な大切な種の紙を頂いてきて、ご仏壇に上げる。卵をうみつけてある紙。御蚕様と呼ばないと厳しく怒られた。御蚕様の御蔭で、暮らしていけるのだ。尊敬し敬わないようでは、とんでもないことだ口説いていた。祖母は生き物が好きだった。育てるのも上手だった。ついて回る私に、色々大切なことを教えてくれた。祖母は生き物のことになると、生き生きと本領を発揮していた。なにしろ御蚕さんの作った糸で、機織りをしていた。嫁入り道具が機織り機だった。山梨の山の中では、まだ私記憶のある時代でも、そう言う事が普通の暮らしであった。戦後のもののない時代に、また自給自足に近い暮らしに戻っていたのかもしれない。

夏の畑は豊富である。雑草に埋もれながらも、様々な野菜が生きている。なかなか赤くならないトマト。ちびちびある大豆の枝豆。長く食べているトウモロコシ。ウリハ虫にやられたキュウリ。草負けしたナス、これから取れそうな所が、オクラ、ピーマン、シシトウ。これから良くなるのが、サトイモ、ヤマイモ、ゴボウ。残したインゲンももうだめか。こんにゃく、生姜、みょうが、かぼちゃ、冬瓜、ズッキーニ。取れ過ぎたり、取れなかったり。いろいろだが少しでも採れれば満足していただいている。今苗を作っているのが、地這いキュウリとキャベツ。キャベツは暑い盛りを除けば、年間を通して、夏を除けば食べることが出来る。キューりも秋の終わりまで取れる。鳩麦は草の中から、負けずと伸びてきている。分げつもしている。それでも数珠玉に比べると勢いの弱いものだ。斜面に残して管理しているふきが、案外美味しく食べられた。

8月は田んぼの作業は一段落である。周囲の草刈りをするくらいである。草取りも出来るだけ7月中に終わらせる。その意味でも、ヒエを出さないことは重要。幸い今年もヒエは出ていない。7月末から8月にかけて干し田をしている。今年は土を固めながらの管理を目標にしているので、この後はさらに辛目の水管理をする。棚田では、干したとたんに水持ちが悪くなる。水管理の手間は増えるが、ここは根気よくやる。稲の葉の色が、どこまで濃くなり、どのタイミングで色がさめて行くのか。今年はこの事を良く観察したい。葉色が増すのは、窒素肥料が効いてきたと普通言われるが、何故か、自然農法の田んぼでは葉の色は他より濃い。この理由を確認したい。窒素肥料が遅くなって発現するのかと思っていたが、どうもそれだけでなく。光合成の関係や根の活力を反映している可能性。追肥の窒素肥料が効いて葉色が濃くなる現象と見た目似ているが、生態的には違う現象ではないのか。

今年は家の周りの草刈りが遅れている。今日にでもやればいいのだが、無理をすることは止めにしている。雨が降るようなら少しやる。熱中症で倒れる人の話を聞くし、体調が悪い。草がはびこり大変ではあるが、少し目をつぶり我慢している。それでも田んぼの草刈りだけはやらないとならない。借りている土地の管理は、自分のところが草だらけでもやらなくてはならない。果樹がぶるーべりーがやっと色づいてきた。キウイが少しなっている。柿は良く実っている。栗も良いようだ。桃は今年は全く駄目。去年は桃酒を作るほどだったのに、何故なのかよく分からない。竹藪も又中には入れないように、荒れてきている。少しづつでもやることにしよう。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水彩人展の作品 | トップ | 原子力規制委員会の人選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。