地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

自家採取の事

2017-07-17 04:04:19 | 自給

ソラマメの種。干しておいて皮をむいた。冷蔵庫に保存する。皮のままの種があまりに美しいので、剥きがたく少し残した。この形、この色つや。種子の美である。種子は子孫継続の為にそれぞれに絶妙ば形を作り出す。今年のソラマメは豊作で食べきれないほど食べた。そして種の分をそのまま残して置いた。実を包み込むサヤの作りはすごいものである。結構厚手で、中は繊維状の布団のような緩衝材で包み込まれている。外皮もかなり厚いので、虫もなかなかこの中までは入れないのかもしれない。これだけの種を剝いて虫にやられていたのは一つだけだった。どうしても良さそうな実から食べてしまうので、少し劣る実ではある。これだけあれば良い実だけ選んでタネにしても、充分である。これを戻して、煮て食べるという事も出来るだろう。ソラマメはまだ青い内に美味しく食べる。案外よくできた理由は叢生栽培にあったと思う。ソラマメは草の中に埋もれていて、虫にも発見しにくかったのではないか。今トウモロコシを同じような育て方をしている。

背丈の高くなるものは、草の中で育てていると、風よけになる。倒れるのを防いでくれる。トウモロコシはヒユ菜と一緒に育っている。これでどうなるかである。自家採取で叢生栽培と言えば、今年のサツマイモがそうだ。サツマイモは何とか保存できた新聞紙にくるみ、発泡スチロールに入れて、部屋の中に置いておいた。それをそのまま植えた。購入したサツマイモも植えてみたが、どちらも芽が出ている。芽を摘んであちこちに植えてもいいのだろうが、それほどサツマイモがいる訳ではないで、そのままにしてある。サツマイモは結局味噌づくりの時に、焼き芋にするくらいしか食べない。焼き芋にするとあんなにおいしいのに、めったに料理に使う事はない。薩摩の周りに麦わらを敷いてあとはそのままである。サツマは草に負けることはない。結構はびこる。似たようなものが、かぼちゃだ。かぼちゃも草の上を乗り越えて、草に勝つ。叢生栽培で出来るものもある。

自給なのだから、自分でとれるタネは出来るだけ残して置き、翌年の種にする。豆類、穀類、はタネが残しやすいので、大抵は残している。カボチャやトオモロコシもまず行ける。しかし、無理はしないことにしている。買えば済むものは、粘らずにあっさりと買う。山北にいた昔は自給原理主義しゃであった。種を買ってはいけないという原則を守った。原理主義は何の原理でも大変だ。今は出来るだけの範囲のことで、あまりこだわらないことにしている。ただソラマメは種が高い。必要なだけ種を買えば、3,4千円にもなる。これではちょっとためらう。今年は、何もしないのに分げつもした。一株3本立ちになった株もあった。それに5個ぐらいの実がついていたから、一株で15個は実った。ひとさや2つ平均で30個。それが30本ぐらい播種したから、900個の実がなったことになる。種に残したものだけで300個はある。食べたいだけ食べたがこんなものだ。豆は取りたてが何といってもいい。

自家採取を長くやっているのがお米である。時々更新をしている。今年は農協から買った種籾である。お米の自家採取は簡単だ。一部を残すだけで、それなりの種になる。去年背丈が高くなり過ぎて、種を変えたくなった。今年はお米の種取りに拘ろうと考えている。田んぼの中から、種取りに良いと思われる株を選んで、種様に別に採取するつもりだ。まず、1本から20本以上に分げつした株にしたい。今年の観察では、分げつしない株というものがあるという事が分かったからだ。これはその株の遺伝的性質の可能性が高い。だからこういう株をタネにしたくないという事だ。又、背丈の1メートル以上に高く伸びた株も避けたい。サトジマンのタネは8キロあればいい。一株で80グラム実るとすれば、100株である。マンゲツモチは0,8キロあればいいから、10株である。これだけを別に採取したい。そうだ、種取りで思い出したのが、美味しかったオクラだ。3日前慌てて蒔いて見たが間に合うだろうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒアリ横浜港に700匹 | トップ | 宅配事業をやっていたころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自給」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。