地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

初夢

2010-01-02 04:48:58 | 地域
夢見る還暦少年ではありますが、寝てみる夢というものは久しく見ていない。見ているのかもしれないが、耄碌して、朝にはすっかり忘れている。ことしの寝ぼけて見る初夢は、フラワーガーデンの温泉施設化である。フラワーガーデンにはトロピカルドームがある。入場料は200円。入場者は少ない。感じとして一時間2,3人。一日50人が日曜日。と思われる。寒く成ると写生に行く。光のまわり具合がなかなか面白い。温室内の乱反射の具合が独特で面白い。寒い時期に寒くないというのが何より良い。しかし、絵を描いていて邪魔にならない程度しか、人は来ない。管理はとても良く出来ていて、ボランティアの管理サークルの人達も協力もある。年間を通して、様々な植物に関連する展示会が企画されている。寒い時期には洋ラン展なども開かれる。収入が261万円。支出は7100万円。計算が色々書いてはあるが、内容についてはそれ以上は読み取れない。フラワーガーデン入場者数は公称約10万人。

事業仕分けでは指定管理者制度に移行すべきと査定された。フラワーガーデンの目的は『花と緑の生活文化の創造』をメインテーマに「豊かなライフスタイルを築く“楽しい花園”づくり」となっている。悪いわけではないが、充分実現されているとはいえないだろう。問題は主題が一般的過ぎて、小田原らしい伝統を踏まえたテーマとなっていない所ではなかろうか。ここで言う生活文化とはなにか。当然小田原の生活文化でなければならないはずである。何故、トロピカルドームでなければならないの。税金を使って施設を作る。国や県の補助金があったに違いない。今作っている諏訪の原公園もそうだ。莫大な費用が投じられ里地里山環境の破壊が行われてしまった。その結果、管理運営費が毎年、莫大にかかる事になる。公園が悪いわけではない。トロピカルドームが悪いわけではない。管理運営費が捻出できない。花と緑の生活文化の創造はそうした施設が無くても出来る。

同じ諏訪の原にはざる菊園がある。一軒の家が庭を開放して、ざる菊の展示を行う。毎年立ち寄らせていただくが見事である。まさに花と緑の生活文化ではないか。諏訪の原にはいくつもの植木屋さんの圃場がある。お願いすると、見せていただける。樹木の名表示などもある。辺りを散策する人達の数は、フラワーガーデン以上である。点在する、古墳のを訪ねる。鬱蒼とした鎮守の森があった。総生寺さんの庭もかなかである。野菜畑があり、棚田がある。そこに則した住居がある。「豊かなライフスタイルの創造」とは、そう言う事ではないだろうか。フラワーガーデンと諏訪の原県立公園とを連携して、小田原の生活文化をきちっと抑える必要がある。その上で、トロピカルドームや、巨大都市公園を、どのように位置づけ直すか。

初夢は指宿の大温室風呂である。小田原健康ランドである。フラワーガーデンに突如温泉が湧き出したそうです。これを利用して、小田原市民の憩える場所を作ることになります。24時間使える会議室。小田原評定を風呂につかりながら延々とやります。今日のテーマはエンゼルスで松井選手は活躍するか。熱帯フルーツの食べ放題。ハーブガーデンのハーブを利用した、ハーブ風呂。茶室では地元のお茶が振舞われる。炬燵があって、小田原みかん。汗をかいたら、小田原キューイのジェラートがいいか、夏かんゼリーがいいか。放し飼いのヤギ乳のアイスもいける。梅園で摘み取った、梅酒の3年もの。地元のどぶろくの持ち込みもOK。つまみは笹鶏燻製。久野川の固有種の山女も今は採れすぎて、炭火焼で食べ放題。食事は舟原や欠ノ上の棚田米を、久野川のカマド石で作ったかまどで炊く、炊きたてご飯。季節の竹の子ご飯に、峯自然園のキノコご飯。タケチップ堆肥を使った酵素風呂もほしい。夢は限りなく広がってゆく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010年謹賀新年 | トップ | 味噌の仕込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
お正月をフォトムービーで残そう~縁起の良い初夢 (フォトムービー作成館 - 別館)
みなさま、明けましておめでとうございますm(_ _)m 一富士、二鷹、三茄子・・・と言えば、初夢ですね(^_-) 初夢(はつゆめ)とは新年のある夜...