地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

下田のお吉さんの墓

2017-04-05 04:08:46 | 身辺雑記

唐人お吉

お吉さんの写真とされるもの。実際に会ったことのある人の意見に基づいて作られた像とも似てはいる。

下田でいつも絵を描いている須崎にゆくには、必ずアメリカ領事館のあった玉泉寺の前を通る。ミシュラン2つ星だそうで外国人が歩いていることもままある。下田は幕末の歴史では、勝海舟、坂本龍馬、吉田松陰など歴史の表舞台であった。アメリカに密航しようとして黒船に渡るも、ハリスに断られて処刑される吉田松陰。密航しようと一夜明かした弁天島が今は半島のように地続きになっている。土佐藩主・山内容堂と幕臣勝海舟は下田で謁見した。勝海舟の船と山之内容堂の船は嵐で下田港にたまたま入港した。その席で海舟が竜馬の土佐藩脱藩の罪を解くよう容堂に直訴したと言われている。竜馬もその船に同船していたのだ。竜馬はその時料亭で待機していたという。玉泉寺は日本初のアメリカ領事館で、外人墓地があり、日本で初めて牛乳の搾乳や牛の屠場にも使われた。森永乳業による記念碑がある。須崎半島の斜面の狭い場所のわりに、中に入ると意外に大きなお寺である。ハリスと幕府との延々と続く交渉記録は実に巧みな江戸幕府の外交力と言われている。

下田の港の方に行くとお吉さんのお墓の前を通る。宝福寺というお寺である。通るときはいつも冥福を祈らせてもらう。お吉さんは悲しい人だ。アメリカ領事ハリスの要望により、幕府が無理やりお世話係として勤めさせる。これも巧みな交渉に入っている。お吉さんは領事館があった玉泉寺へ毎日通うこととなった。ハリスは体調が悪く看護婦を要望したとされる。しかし、幕府側はハリスの要望を邪推してというか、忖度した。下田一の芸妓をハリスのお世話係に上げる。お吉さんは14歳で芸妓(げいこ)となり、その美貌で評判となった。17歳の時に下田奉行所の伊差新次郎に説得される。法外な年俸と引き換えに「アメリカ総領事・ハリスのもとへ侍妾として奉公にあがるべし」と命じられたのである。しかし、ハリスの要望は療養目的で回復し、3ヵ月(3日間説もあり)で解雇となる。その後のお吉さんは唐人お吉と呼ばれ、蔑まれるように暮らすことになる。何故唐人と呼ばれたか。お吉さんはその後酒におぼれ蓮台寺で自害して果てる。その遺体は放置されたままであったものを宝福寺の住職が引き取り埋葬した、と書かれている。

何故、唐人お吉と呼ばれるかである。蔑称である。差別である。アメリカ人の所に行くなど日本人ではないというので、唐人お吉と言われたのだろう。日本人の情けないところだ。お吉さんを許さなかった下田は今でも、無意識なのか、意識してか、齋藤吉さんを唐人お吉と呼び習わしている。そんな看板がまだある。唐人とはひどいではないか。中国人に対しても失礼だ。中国人観光客も増えている。今回もだいぶすれ違った。観光地でありながらいつまでも、どういう了見ででこんな言葉を残しているのだ。悲しい限りだ。日本人を唐人と呼ぶところが、差別なのだ。差別することで自分たちの領域を守ろうという意識が感じられる。明治という時代に差別の意識があったことは、脱亜入欧というスローガンからも伺えるが、今の時代にまでこの唐人お吉という言葉が残っていることが情けない。

フランスにいた頃差別を受けた。フランスに差別はないと言いながらも、差別を感じることは3回ほどあった。パリのボザールの同級生から、日本には絵などないだろう。何故、こうもたくさんにフランスに来るのだと正面から言われたことがある。日本人が美術学校に来ることが迷惑だというのだ。日本人が猿真似でフランス絵画を学んでどうなるものでもない。そもそも日本には美術などないではないか。と言われた。後でチュニジア人のモデルの人に、フランス人はアフリカには美術などないと考えていると言って慰められた。差別はされる側以上に差別する側の、実態を表している。下田がどういう町であるかが、こういうところで見えてしまうのだ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育勅語について | トップ | 自主避難は本人の問題か »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
唐人お吉 (naomi)
2017-04-05 11:48:40
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
私は2008年の新国立歌劇場公演:山田耕筰作曲オペラ「黒船」で唐人お吉の三味線の師匠の<姐さん役>で出演しました。その際に得た知識ですと・・
ハリスは病気で看護婦が必要だったので、芸子の妾はいりませんでした。
お吉がハリス邸に通ったのはほんの数日だったそうです。しかし月をまたいだのでお給金が二ヶ月分出たそうです。(規則に則って支払われたもの)
そんな風にして大金を手にしたお吉は、村人に激しく嫉妬されました。
ですから外人と関わったというだけでなく、お金も絡んでいたようです。
ちなみに私の演じた姐さんも、かつては皇室で皇女の遊び相手として育てられました。三味線のその時に仕込まれました。やがて皇室を離れ三味線のお師匠さんとして独り立ちしますが、流れ流れて下田まで来たのでしょう。
オペラの台本では、お吉さんを連れて流しをやっていたということになっています。
数年前に下田の宝福寺にお吉さんの墓参りに立ち寄った際、展示室に私の舞台写真が展示されていました。(笑)
・・いつも楽しく、感心しながらブログを読ませていただいてます。
これからも記事を楽しみにしています。
差別は無意識に (笹村 出)
2017-04-06 05:37:49
本当のところ下田で、唐人と呼ばれたのかどうか。
小説化され、その名前が定着した。
今や斎藤吉さんと言っても誰のことかわからない。
ついつい唐人お吉と呼ばれざる得ない。
黒船というオペラは聞いたことがありました。
そういう内容とは知りませんでした。
今度宝福寺で、舞台写真を探してみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。