地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

プランター農法

2013-03-24 04:11:02 | 自給
自給の野菜作りはプランター栽培が向いている作物もある。畑で作るのでなく、容器で作る方法である。私にはニンジン、長ネギは畑では作れないが、容器では作れる。大体のもはできると思われる。コンテナ農法という考え方があって、農業用のコンテナに土を入れて、野菜作りを提唱している人もいる。農業用コンテナは陽にさらすと案外に寿命が短い。さまざまどういう容器がいいのか、実験をしている。もちろん野菜によって容器も違うはずだ。



布容器である。腐食布で作られバケツ型のものだ。直径が20センチ、から50センチと何種類かある。意外に丈夫な布である。これで、生ごみ堆肥も作れる。この布鉢は大根を播いてみた。本来、植木の根巻用のもののようだ。国華園の通販で購入したが、いつもあるものかどうかはわからない。



大きめの普通のプランター。木のカバーを作るつもりであったが、まだやっていない。1個1000円くらいだった。置く場所があれば、プランターは大きいものが作りやすい。まだ何も植えていない。苗を作っている間。土をプランターの中で熟成させている。系分堆肥と、籾がらたい肥を混ぜた。良い土を作るには1カ月は見て置く必要がある。



スーパーの袋でのサツマイモ作り。スーパー袋の耐久性の実験のようなものだ。2重にしてみた。現在ハウスの中で、さつまの発芽を待っている。



陶器の植木鉢でのキヌサヤエンドウ作り。花がきれいなので、観賞用にもなる。4本植えてあるが、すでに1ヶ月くらい食べている。絹サヤは案外取れる量が少ない。収穫期間も短いのでそろそろ終わる。次々違うところで出来てくるようにすると便利である。今は日当たりのよい窓下の花壇が咲き始めている。



魚用の発泡スティロール箱でのニンジン作り。これは何度もすでにやってみて、とても良くできることが分かった。ともかく草が取りやすい。種をまいた後、適度に間引きながら、10本ほど残す。草はこの範囲なら、完全に取り除ける。一年中作れる。今は布鉢にも播いてみている。ついでに箱の奥にあるのが、大きくなるにんにく。なにしろ、リンゴくらいになる。いただいて、あまりに見事なもので、全部を食べないで、ハウスの中で作り続けて4年目である。



大きな布袋が置かれている様子。ここには長ネギと、玉になるタイプの山芋が植えられている。長ネギは伸びてきたら徐々に土を加えてゆく。最後に白くなった部分が30センチくらいになるようにやっている。



ついでに踏み込み温床の苗トレーの置かれた写真。キュウリとトマトが生育がいい。今年もナスとピーマンが発芽が遅れている。温度が足りないとも思えないのだが。まあ仕方がない。

色々の作物をやってみているが、一番成功しているのがニンジン。ニンジンを畑に作った時は草に負けてどうも、種まきが上手くいかなかった。つい多くまいてしまうので、逆に食べきれない時もある。そこで、適度にいつでもニンジンがあるという状態を作るためには、プランターでニンジンを作るのがいいと考えた。私のような横着者でもプランターの範囲の草取りならできる。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 停電と原発ネズミ | トップ | 自給農業は農家を超える。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。