地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

水彩画の技術

2017-04-21 04:18:25 | 水彩画

石垣で一番美しい田んぼ。耕作されている方と話すことができた。この田んぼには冠ワシが来る。前回は見ることができた。湧水で耕作されているので、水のあるこの時期だけ耕作できるのだそうだ。石垣の2月から4月まではいちばん過ごしやすい季節かもしれない。絵を描いていて、暑くも寒くもない。田んぼも一番変化が大きくおもしろい季節になる。サトウキビは今も刈り取りをしている場所がある。特に朝6時から明るくなってきて、夜7時近くまで明るい。1時間30分ほど小田原とは時間が違う。時差というか、亜熱帯ということなのだろう。それでも4時に目は覚める。

石垣で描いていて、自分が技術というものを今になって学んでいる。初心者のような驚きがある。技術から入るのは間違いだと思い、技術とか構図とか一切考えないできた。そういうものが自分の絵に至る道を邪魔するだろうと考えてきた。禅の道を究める為には書物を読んではならないという教えがある。ところが今の自分は絵画の道を究めるということより、里地里山の空気を残したいと考える様になった。だから基本的には写生をしている。見たとおり描こうとしている。問題は私が見ているものは、里山の空気感である。田畑によって広がった空間を見たとおりに描こうとしている。それは写真では、まったく写らないものだ。空間なのだから、言ってみれば透明である。人間の眼はすごいものでこの空間の違いが見える。空間の濃度の違いというか、空間は動いている。空は動いている。風に乗って雲は動いているが、実はそれ以上に見えない、あるものが動いている。こうした様々な動きの総合のようなものを含めて人は見ている。

昼間の星のように、見えないけれどあるものは、無数にある。耕作地は機械で耕作した場所と、鍬で耕した場所では表面の形だけでなく、人の思いの違いがある。この人の思いはこもっている。何千年もの間、人間が生きるために耕してきた思いは、蓄積され立ち上っている。耕作地を作り出し、継続してきた思いが耕作地には表れている。そういう幻想のようなものが見える。実際に目に映る耕作地はそこに唯あるのだが、耕して暮らそうとしてきたので、それだけでないものが見えてくることがある。それは、空が地面に写っているような感覚である。目の前にある台地を見て描いているのだが、それは空の鏡のような気がしてくる。そのあるのか、ないのかわからないようなものを、見えるとおりに描いてみようとしている。馬鹿げているとは思うが、絵がやるべきことはそういうことだと思うのだ。絵画は装飾品ではなく、絵画以外では不可能な、製作者の世界観をたどることのできるものだ。

そのためには、技術というものが必要になった。今まではどちらかといえば、画面を見て描いていた。今は耕作地を見て描いている。それが実は風景画という言葉なのかもしれない。風という目には見えないけれど、突然草木を揺さぶるものがある。昔の人は、それを風と呼んだわけだが、風以外にも、草木を揺さぶるものはある。大地の下には水が流れている。土地に傾斜があれば、必ず水は動いている。この動きは草地などに表われることがある。草という地表の植物に、実は見えない地下の水の流れが表れることがある。百姓なら知っていることだ。それは見えてはいないが、実に大きな力を持って働いる。田んぼであれば、田んぼの水は全体でうねりのように流れている。こういうどうしたって肉眼的に見えないものを、画面で描こうとしたら、自分の作画というより、あくまで風景写生ということになる。

ここで水彩技術が重要になる。見えている実に複雑で、あいまいで、見えるようで、見えないものを、なんとしてもその通りに画面に写し取るためには、あらゆる技術が必要になった。どうしたらあの感じは出るのだろうと、あれこれ工夫せざる得なくなった。画面は立てて描くようにした。今まで水平に寝かして描くことが中心だったが、今は立てて描くことが中心になった。その方が目の前のものを写すためには都合がいいからだ。みんなが画面を立てて描いている理由がいまさらに分かった。筆も10本を使い分けるようになった。水の使い方も随分変わった。どの程度の乾き状態で次の筆を入れるとよいのか、微妙な配慮が徐々に見えてきた。10本の筆の筆触の違いも徐々に見えてきた。どこでどう使い分けるかが重要。紙の違い理解できてきた。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自衛隊が来たら暴行事件が | トップ | 共謀罪の問題点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。