地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

石垣の4月を描く

2017-04-19 04:30:32 | 水彩画

石垣の4月を描いている。朝でも20度以上ある。昼間は連日28度になる。小田原で言えば夏景色に代わり始めたくらいだ。緑が輝いて反射している。田んぼは穂が出ていると思えば、田植えをしたばかりのところもある。写真の絵は石垣飛行場に近い平得あたりにある橋の上である。1時間ほど描いたところだ。ここに来ると惹きつけられたような新鮮な気持ちになる。周辺では良い田んぼが行われている。どこに行っても同じようなものだが、写真を撮ってわかったのだが、前回と逆向きで描いている。運転席のハンドルによりかけるようにして絵を置いてみた。後ろの座席に座っている。水を汲むのを忘れたので、自動販売機で水を買った。これがあるので水はどこに行っても困ることはない。高くつくようだが、絵を描く水より自分で飲む方が多いい。筆を洗うことはまずない。

写真では写らないのだが、曇り空が地面に移っている。

今回は名蔵の方を描いてみようかと考えている。すぐ見に入ったのだが、田んぼを描く良い場所がすぐには見つからなかった。新しい描く場所を探していると、何によって描きたくなるのかが不思議なきがする。開けた空間の広がりのようなものにひかれる気がしている。広がっているとか正面に屏風のような畑があるとか。

何もない広がりである。海まで続く空間のうねり。そして水平線から空につながり、空は自分の頭上まで戻ってくる。地面と空に挟まれたような塊が感じられる。空が地面に写されているいるようにも感じられる。大きなうねりのような力が感じられる場所。どうもこういうところが描きたくなるようだ。先日、子供のころいつも見ていた境川村を描きに行って、そうか育つ頃こうした眺めを見ていたのだ。ということが分かった。甲府盆地という空間の塊を見て育った。これが大きな空間を見ると描きたくなる理由のようだ。畑や田んぼの区画が、貼り付けられたように坊が峯にあった。子供のころ見たものが描きたくなるように刷り込まれている。

 

 赤に近い、沖縄の土色が見える。この土は描きたくなる。2日目の朝から1時間ほど描いたもの。この日は一日中描いたのだが、終わらない今日も明るくなったら引き続きやりたいと思う。初めて描く場所には時間がかかる。ここではタントの柱のないのが生きる。戸をすべて開いて、車の中で描いている。絵は運転席のところに於いて、後ろの座席から描いている。右側から日が差してきたので、用意のシートをガラスに張り付けた。これはどこにでも張ったり剥がしたりがきれいに出来るシートである。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年の田んぼが始まる。 | トップ | 自衛隊が来たら暴行事件が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。