地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

田植え後1カ月

2012-07-03 04:21:45 | 稲作
欠ノ上田んぼでは田植え後1カ月になる。川岸が崩れた以外、稲の生育という事では順調である。太い色の濃い葉が出始めて、分ゲツも日々増えて行くという状態である。木になると言えば全体での生育のムラガあること。10枚に分かれていることもあり、又田んぼの前歴も様々なので、まだ安定はしていない。一部に稲がとても細く、倒れてしまう所がある。病気という訳でもないのでドジョウの条件が違うのだろう。水について言えば、とても恵まれている田んぼだと思う。3方向からの水が取れる。今回のように川からが直接は水が取れなくなったとしても、湧水が2か所からあり、その間を何とか埋めることが出来た。草については、畑から田んぼに戻して、3年目という事もあり、まだ、大したことはないようだ。そこそこ出てきてはいるが、この程度ならコロガシを何回か入れれば、抑えられるだろう。

コロガシをしていると、石に当たる。1反を転がしている間に、こぶし大の石が100個ぐらいあった。転がしているのか、石拾いをしているのか分からない位である。まだ他は入っていないので、石の量は分からないが、毎年努力するしかないだろう。畔については、かなり安定している。多分沢ガニが穴をあけるのだろうが、手に負えないほどではない。朝夕2回は必ず見に行くが、その時1か所ぐらいはどこかに穴はあるという位だ。沢ガニの穴は、どうも水面位に空けるようで、大漏れするという事がない。下の田んぼの水位が低いな。位のことである。気になるのはガスが多いいこと。がすと言っても臭いからしてメタンガスではない。空気が貯まってくるというような印象。何だろう。土はばらつきはあるが、プリとしてとても良い。ねっとり感がもう少しあればいいかもしれないが、棚田の土にしては、水持ちは良い方だと思う。

舟原田んぼでは、田植え後3週ちょっと。一周遅れはまだ感じるが、例年に比べてこの時期としてはとても生育は良い。毎年水温の低さで苦労していて、今年も入水温度が11度という日があった位だ。確かに水口は生育が目立って遅いが、全体としては、健全な生育である。昨年あったズイ虫(ニカメイチュウらしい)は今年はまだ見ない。虫を見ないと言えば、ソバカスを蒔かなかったためだと思うが、虫の発生が極端に少ない。トロトロ層の形成も極端に薄い。ソバカス効果をこんなことで確認することになった。水路にIさんが試験用の苗を植えてくれている。そこにはドジョウも放したそうだ。しかし、土壌はまだ一度も確認していない。この時期水の流れを下るとか本に書いてあったので、もしかしたら田んぼの下の方にいるのかもしれない。クワイも水路には植えたと思うのだが、これはどちらの田んぼでもまだ芽も出ない。家の方の池のクワイはもうずいぶん葉を出している。

新しく作った田んぼの稲は田植え後2週少しなのに、随分追いついた。遅いと言っても、浸水も種まきも一緒の苗なのだから、田植え時期だけが違っても、似たようなものなのかもしれない。この新しい田んぼはどこよりも水持ちがよい。どういうことだろう。ただの山土だけれど、粘土分などほとんどないようだが、深く代かきをしたせいか、水持ちはとてもいい。草は出ないだろうと思っていたのだが、何とコナギを発見した。何故、コナギが出るのかまるで不思議である。過去一度も田んぼであったことはない。苗土も山土である。コナギの種が種籾に混ざっていたのだろうか。何か道具ついてきたのだろうか。貴重な気がして抜かないで観察している。水温も湧水は15℃あって、川からより高い位だ。このままなら案外に良い状態になるかもしれない。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水彩人 第14回展 | トップ | 小田原周辺の日帰り温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。