地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

困った時の憲法改定

2017-07-27 04:01:58 | Peace Cafe

アベ政権の公私のけじめの無さから、支持率は急速に低下した。この行き詰まりの打開のために、憲法改定を提案し目先をそらそうとしている。政治危機と言わなければならない。アベ政権は共謀罪、カジノ法案を数の力で押し通した。この時には支持率は低下しなかった。ところが、森友、加計と教育にかかわるところで、馬脚をついに現した。違法性はない。しかし、汚い裏口入学のような、権力を利用した忖度が幅を利かせてきたのだ。安倍一強の中で、安倍氏の思惑のお先棒を担ぐことが、優遇されるであろう道になっている。周囲が争って手柄合戦をしているのだ。名誉校長とか、肩書教授というような具合で、取り巻きと政府がつるみ始めていたのだ。このままではアベソフト独裁政権は転覆する。そこで切り札として出してきたのが、憲法改定である。しかも正面突破の9条2項の改定を次の国会で提議すると、最後の賭けに出たのだ。誰が考えているのか、なかなかの演出家がついている。

さすがに、憲法9条の改定が国会で審議されるとなれば、これより大きな問題は存在しえない。加計が登場して、森友が消えたように、憲法9条問題となれば、アベ忖度問題など小さなことになるだろう。今論議されているのは、実際にある自衛隊を、憲法上も問題のないものにしようという、それを加憲という形で行おうという、いかにも穏便に見える、公明党案への寄りつきである。しかし、この加憲はアベソフト独裁らしいやりかなのだ。クーデターにも等しい軍国化への道を可能にするものだ。そこで、自衛隊の存在を憲法に書いたうえで、文民統制をも加えるとしたものだ。それは、もしここで文民統制がなされないとなると、自衛隊の独走が、軍の政治介入などを含めて、明治憲法下の軍と同様のことになりかねないものなのだ。

何故、70年を超えて、日本が平和を維持できたかと言えば、憲法9条の歯止めによって、自衛隊の自由な行動を規制していたからである。自衛隊法が憲法を拡大解釈して、憲法の理想とする平和の精神をなし崩しにして自衛隊法が出来た。自衛隊は治安維持のために出動していたはずだ。安倍氏が辺野古の米軍基地を作るために、反対運動を抑え込むために自衛隊を出動させたとする。現状ではそれは大半の国民の反感を買うであろうから、自衛隊法が出来てしまい、法的には可能であるとしても行えない。そして安保法案の成立によって、自営買いは絵画への派兵も可能となった。そして南スーダンの戦闘地域に出動した。さらに憲法において、自衛隊の存在が明記され、軍事的な権力として行動できることになれば、自衛隊軍の考える所の正義に向い行動を起こす可能性が出てくる。憲法で武力が否定され、本来であれば自衛隊も持つべきでないのだが、という理想主義が軍の自由な行動を歯止めしているのだ。

憲法9条は軍というものの持つ軍事力自体を否定している。武力によって平和は作れないという理想主義を掲げているものだ。憲法はそいうした、理想を掲げる傾向がある。然しそれは立憲主義とは相反するものである。立憲主義は現実主義である。法律と動揺にそれに従い、国を運営しなさいと、内閣に銘じている原理である。立憲主義で言えば、軍を持ってはならないという理想論は、矛盾した考えか阿であるのだが、この日本国憲法における矛盾が、日本を軍事的な国家にしないで来れた幸いだったのだ。その平和主義によって、日本は国際社会に復帰できることになった。ところが、アベ政権は教育勅語を評価し、学校教育に取り入れようと考えるところまで来た。もし自衛隊が憲法に明記されれば、自衛隊が自立して、自由に行動を始めることになる。日陰から日向に出ることになる。確かに自衛隊員の立場からすれば、当然のことかもしれないが、日本の向かう方向からしたら、理想を半分捨てることになる。理想をここで捨てれれば、日本はいつ何時、明治の御代に戻るかもしれないのだ。ソフト独裁の柔らかさにごまかされてはならない。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野党に結集してほしい | トップ | 相模原やまゆり園 殺傷事件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。